製品&サポートサービス

pt-table-usage

コマンド

pt-table-usage [ オプション ] [ ファイル名 ]

目的

Slowクエリログからクエリを読み込み、どのテーブルへアクセスしたものかを分析・表示します

シナリオ

以下のコマンドを実行し、Slowクエリログを読み込ませます

# pt-table-usage /var/lib/mysql/slow_queries.log

結果

以下のように、それぞれどのテーブルにアクセスされているかを標準出力します

[root@localhost mysql]# pt-table-usage /var/lib/mysql/slow_queries.log
Query_id: 0x3CAC85689F81D2BE.1
LOAD table
Query_id: 0x67A347A2812914DF.1
SELECT employees.salaries
Query_id: 0x1A7D93EB17B6A968.1
LOAD table
Query_id: 0x1A7D93EB17B6A968.1
LOAD TABLE
Query_id: 0x1A7D93EB17B6A968.1
LOAD TABLE
Query_id: 0x1A7D93EB17B6A968.1
LOAD TABLE
Query_id: 0x1A7D93EB17B6A968.1
LOAD TABLE
Query_id: 0x1A7D93EB17B6A968.1
LOAD TABLE
Query_id: 0x607E11E221CFDFDD.1
LOAD TABLE
[root@localhost mysql]#

良い点

どのテーブルアクセスにおいて、Slowクエリログが多発しているか等を簡単に確認する事ができます

各データベース保守サービス比較
各データベース保守サービス見積依頼
MySQLサポートサービス
MySQL Editions
Oracle Cloudトータルサポート
Percona
MariaDBプロダクト・サポート・サービス
エンタープライズOSSサポート
高可用性ソリューション
OSSシステムソリューション
Navicat
SQL Diagnostic Manager for MySQL
SYNCNEL
OSS保守サポートサービス
Microsoft Azure
お問い合わせ
各MySQL保守サービス見積依頼
スマートスタイルOSSストア
Oracle Gold Partner

ページトップへ