製品&サポートサービス

pt-table-usage

コマンド

pt-table-usage [ オプション ] [ ファイル名 ]

目的

Slowクエリログからクエリを読み込み、どのテーブルへアクセスしたものかを分析・表示します

シナリオ

以下のコマンドを実行し、Slowクエリログを読み込ませます

# pt-table-usage /var/lib/mysql/slow_queries.log

結果

以下のように、それぞれどのテーブルにアクセスされているかを標準出力します

[root@localhost mysql]# pt-table-usage /var/lib/mysql/slow_queries.log
Query_id: 0x3CAC85689F81D2BE.1
LOAD table
Query_id: 0x67A347A2812914DF.1
SELECT employees.salaries
Query_id: 0x1A7D93EB17B6A968.1
LOAD table
Query_id: 0x1A7D93EB17B6A968.1
LOAD TABLE
Query_id: 0x1A7D93EB17B6A968.1
LOAD TABLE
Query_id: 0x1A7D93EB17B6A968.1
LOAD TABLE
Query_id: 0x1A7D93EB17B6A968.1
LOAD TABLE
Query_id: 0x1A7D93EB17B6A968.1
LOAD TABLE
Query_id: 0x607E11E221CFDFDD.1
LOAD TABLE
[root@localhost mysql]#

良い点

どのテーブルアクセスにおいて、Slowクエリログが多発しているか等を簡単に確認する事ができます

ページトップへ