製品&サポートサービス

pt-slave-find

コマンド

pt-slave-find

【必須項目】

  • ・ [ オプション ] : -p パスワード

【主なオプション】

  • ・ [ DSN ] : h=ホスト名, u=ユーザー名(デフォルトではそれぞれlocalhost, root)

※ここで指定するDSNはマスタ側のものを使用します

目的

マスタに対してレプリケーションをしているスレーブをツリー表示します

設定ファイル

必須オプションを、設定ファイルにまとめておきます

# touch /etc/percona-toolkit/pt-slave-find.conf
# vi /etc/percona-toolkit/pt-slave-find.conf

・設定ファイルの作成

# touch /etc/percona-toolkit/pt-slave-find.conf

・設定ファイルの編集

# vi /etc/percona-toolkit/pt-slave-find.conf
# config for pt-slave-find
host=192.168.2.222
user=root
password=password

・マスタのIPアドレス

host=192.168.2.222

・MySQLのユーザー名

user=root

・MySQLのパスワード

password=password

シナリオ

全てのPCでfirewallがオフになっていることを確認します

[root@localhost ~]# systemctl status firewalld
● firewalld.service - firewalld - dynamic firewall daemon
   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/firewalld.service; disabled; vendor preset: enabled)
   Active: inactive (dead)
     Docs: man:firewalld(1)
[root@localhost ~]#

全てのサーバのMySQL上で以下のユーザーが存在することを確認します

mysql> SELECT user,host FROM mysql.user
…
root   |   192.168.2.222

マスタ側で以下のコマンドを実行して、マスタに接続されているスレーブの情報を表示します

# pt-slave-find

結果

マスタに接続されているスレーブがツリー状に表示されます

[root@localhost percona-toolkit]# pt-slave-find
localhost
Version         5.6.35-log
Server ID       1000
Uptime          03:32:21 (started 2017-04-10T14:43:10)
Replication     Is not a slave, has 1 slaves connected, is not read_only
Filters
Binary logging  STATEMENT
Slave status
Slave mode      STRICT
Auto-increment  increment 1, offset 1
InnoDB version  5.6.35
+- 192.168.11.51
   Version         5.6.35-log
   Server ID       2000
   Uptime          02:10:30 (started 2017-04-10T16:05:01)
   Replication     Is a slave, has 0 slaves connected, is not read_only
   Filters
   Binary logging  STATEMENT
   Slave status    0 seconds behind, running, no errors
   Slave mode      STRICT
   Auto-increment  increment 1, offset 1
   InnoDB version  5.6.35
[root@localhost percona-toolkit]#

良い点

マスタに接続されているスレーブの情報を簡単に知ることが出来ます

ページトップへ