製品&サポートサービス

pt-mext

コマンド

pt-mext [ オプション ] -- [ コマンド ]

【必須項目】

[ コマンド ]

  • ・ mysqladmin -p ext : mysqladminコマンドを使用します
  • ・ -i : 差分検出の間隔を指定します(単位:秒)
  • ・ -c : 比較ポイントの個数を指定します(出力される差分は“指定した値-1”となります)

【主なオプション】

  • ・ -r : 変化した場合の差分のみを表示します(変化がないステータスについては0と表示されます)

目的

指定した間隔で、MySQLの「GLOBAL STATUS」の変化を表示します

シナリオ

以下のコマンドを実行し、"MySQLへの接続が失敗した回数" を "10秒間隔" で "5回分" 表示します

# pt-mext -- "mysqladmin -p ext -i 10 -c 6" | grep "Aborted_connects"

※mysqladminコマンドはrootユーザーでMySQLに入るため、rootのパスワードを入力する必要があります

別の端末を開いて以下のコマンドを実行し、ログインに失敗します(それを何度か繰り返します)

# mysql -u root --password=missword

結果

以下のような結果が標準出力されます
一番左が初期状態で、徐々にログイン失敗回数が増加しているのが分かります

[root@localhost Et]#  pt-mext -- "mysqladmin -p ext -i 10 -c 6" | grep "Aborted_connects"
Enter password:
Aborted_connects                              1          1          1          4          7

良い点

全てのGLOBAL STATUSの変化を監視することが出来るため、不審な動作やエラーをすぐに検知できます

任意の回数、間隔で差異を出力できるため、定期的な保守などにも応用できます

各データベース保守サービス比較
各データベース保守サービス見積依頼
MySQLサポートサービス
MySQL Editions
Oracle Cloudトータルサポート
Percona
MariaDBプロダクト・サポート・サービス
エンタープライズOSSサポート
高可用性ソリューション
OSSシステムソリューション
Navicat
SQL Diagnostic Manager for MySQL
SYNCNEL
OSS保守サポートサービス
Microsoft Azure
お問い合わせ
各MySQL保守サービス見積依頼
スマートスタイルOSSストア
Oracle Gold Partner

ページトップへ