製品&サポートサービス

インストール

Percona Toolkit のインストール

検証環境

・CentOS 7.3
・MySQL 5.6.35 Community Server
・Percona Toolkit 3.0.2

Percona Toolkit 3.0でサポートされているプラットフォーム

・Debian 7 & 8
・RHEL 6 & 7
・Ubuntu 14.04 LTS & 16.04 LTS

・Percona Server 5.5 , 5.6 & 5.7 / MySQL 5.5 , 5.6 & 5.7
・Percona XtraDB Cluster 5.5 , 5.6 & 5.7
・MongoDB 3.2 & 3.4

※詳細は下記URL参照してください
https://www.percona.com/services/support/mysql-support/percona-toolkit-supported-platforms-and-versions

インストール文

# yum install https://www.percona.com/downloads/percona-toolkit/3.0.2/binary/redhat/7/x86_64/percona-toolkit-3.0.2-1.el7.x86_64.rpm

※各コマンドは /usr/bin 配下に配置されます

Percona Toolkit の設定ファイル

設定ファイルを格納するディレクトリ "percona-toolkit" を /etc 配下に作成します

# mkdir /etc/percona-toolkit

設定ファイル "percona-toolkit.conf" を作成します

# touch /etc/percona-toolkit/percona-toolkit.conf

このファイルには全ツール共通のオプションを記述します
※全てのツールは実行時に、まずこの設定ファイルを読み込むため、
実行したツールに存在しないオプションがあるとエラーになります
全てのツールに共通して書けるオプションに、どういったものがあるのかは現在調査中です

個別のツールのオプションは、「○○.conf」に記述します。○○はツール名です
例えば "pt-duplicate-key-checker" の場合、ファイル名は「pt-duplicate-key-checker.conf」とし、
vi で下記のように記述します

# config for pt-duplicate-key-checker
user=root
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
password=password
h=localhost
d=employees
t=employees

・MySQL のユーザ名

user=root

・ソケットのパス

socket=/var/lib/mysql/mysql.sock

・MySQL のパスワード

password=password

・ホスト名

h=localhost

・データベース名

d=employees

・テーブル名

t=employees

ここに記述した内容は、実行時にオプションとして指定する必要がなくなります

各データベース保守サービス比較
各データベース保守サービス見積依頼
データベースサポートサービス
MySQL Editions
Oracle Cloudトータルサポート
Percona
MariaDBサブスクリプション
エンタープライズOSSサポート
高可用性ソリューション
OSSシステムソリューション
Navicat
SQL Diagnostic Manager for MySQL
SYNCNEL
OSS保守サポートサービス
Microsoft Azure
お問い合わせ
各MySQL保守サービス見積依頼
スマートスタイルOSSストア
Oracle Gold Partner

ページトップへ