製品&サポートサービス

インストール

Percona Toolkit のインストール

検証環境

・CentOS 7.3
・MySQL 5.6.35 Community Server
・Percona Toolkit 3.0.2

Percona Toolkit 3.0でサポートされているプラットフォーム

・Debian 7 & 8
・RHEL 6 & 7
・Ubuntu 14.04 LTS & 16.04 LTS

・Percona Server 5.5 , 5.6 & 5.7 / MySQL 5.5 , 5.6 & 5.7
・Percona XtraDB Cluster 5.5 , 5.6 & 5.7
・MongoDB 3.2 & 3.4

※詳細は下記URL参照してください
https://www.percona.com/services/support/mysql-support/percona-toolkit-supported-platforms-and-versions

インストール文

# yum install https://www.percona.com/downloads/percona-toolkit/3.0.2/binary/redhat/7/x86_64/percona-toolkit-3.0.2-1.el7.x86_64.rpm

※各コマンドは /usr/bin 配下に配置されます

Percona Toolkit の設定ファイル

設定ファイルを格納するディレクトリ "percona-toolkit" を /etc 配下に作成します

# mkdir /etc/percona-toolkit

設定ファイル "percona-toolkit.conf" を作成します

# touch /etc/percona-toolkit/percona-toolkit.conf

このファイルには全ツール共通のオプションを記述します
※全てのツールは実行時に、まずこの設定ファイルを読み込むため、
実行したツールに存在しないオプションがあるとエラーになります
全てのツールに共通して書けるオプションに、どういったものがあるのかは現在調査中です

個別のツールのオプションは、「○○.conf」に記述します。○○はツール名です
例えば "pt-duplicate-key-checker" の場合、ファイル名は「pt-duplicate-key-checker.conf」とし、
vi で下記のように記述します

# config for pt-duplicate-key-checker
user=root
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
password=password
h=localhost
d=employees
t=employees

・MySQL のユーザ名

user=root

・ソケットのパス

socket=/var/lib/mysql/mysql.sock

・MySQL のパスワード

password=password

・ホスト名

h=localhost

・データベース名

d=employees

・テーブル名

t=employees

ここに記述した内容は、実行時にオプションとして指定する必要がなくなります

ページトップへ