2023.06.20

Percona

Percona Server for MySQL 8.0.33-25(リリース日:2023年6月15日)

リリースハイライト

このリリースでは、次のMyRocks変数が追加されています:

  • rocksdb_bulk_load_use_sst_partitioner
  • rocksdb_use_hyper_clock_cache
  • rocksdb_converter_record_cached_length
  • rocksdb_alter_table_comment_inplace
  • rocksdb_charge_memory
  • rocksdb_column_default_value_as_expression
  • rocksdb_corrupt_data_action
  • rocksdb_disable_instant_ddl
  • rocksdb_enable_delete_range_for_drop_index
  • rocksdb_partial_index_blind_delete
  • rocksdb_protection_bytes_per_key
  • rocksdb_use_write_buffer_manager

このリリースでは、新しいMyRocks情報スキーマテーブル ROCKSDB_LIVE_FILES_METADATAが追加されています。

このリリースでは、rocksdb_instant_ddl変数が削除されました。代わりに、rocksdb_disable_instant_ddlを使用してください。

このマージにより、次の問題が修正されます:

  • PS-8477: dba.rebootClusterFromCompleteOutageの実行時にオフラインモードが持続しました。
  • PS-8699: 多数の同時接続試行により、ALTER INSTANCE RELOAD TLSがハングしました。アップストリームの修正を含め、この問題に対する修正を追加しました。これにより、問題が再発する可能性が大幅に減少します。

Oracle for MySQL 8.0.33によって導入され、Percona Server for MySQLに含まれる改善点とバグ修正は次のとおりです:

  • INSTALL COMPONENTにはSET句が含まれます。SET句は、1つまたは複数のコンポーネントをインストールする時に、コンポーネントシステム変数の値を設定します。これにより、他の方法で変数値を割り当てることに伴う不便さや制限が軽減されます。
  • mysqlbinlog –start-positionは、最大で18446744073709551615の値を受け入れます。–read-from-remote-serverまたは–read-from-remote-sourceオプションが使用される場合、最大値は4294967295です。(バグ #77818、バグ #21498994)
  • 生成された列をDEFAULT(col_name)とともに使用して、名前付き列のデフォルト値を指定することは許可されておらず、エラーメッセージがスローされます。(バグ #34463652、バグ #34369580)
  • バイナリログの回復プロセス中に、可能性のある全てのエラー状態が報告されたわけではありません。(バグ #33658850)
  • ユーザー定義の照合順序は非推奨になりました。次のユーザー定義の照合順序を使用すると、警告がログに書き込まれます:
  • SQLステートメントでCOLLATEの後にユーザー定義の照合順序の名前が続く場合。
  • ユーザー定義の照合順序の名前がcollation_server、collation_database、または、collation_connectionの値として使用される場合。

ユーザー定義の照合順序のサポートは、MySQLの将来のリリースで削除される予定です。

バグ修正と変更の完全なリストについては、MySQL 8.0.33リリースノートをご覧ください。

新機能

  • PS-8188: clone_exclude_plugins_list変数が追加されました。デフォルトで、ドナーと受信側にインストールされているプラグインのリストは一致する必要があります。clone_exclude_plugins_list変数を使用すると、プラグイン例外のリストを指定できます。

バグ修正

  • PS-8647: tmp_table_size=51200によりサーバーが終了しました。
  • PS-8683: FLUSH STATUS、COM_CHANGE_USER、SELECT FROM I_S.PROCESSLISTを同時に実行すると、デッドロックが発生しました。デッドロックは、前述のコマンドを実行する接続やその他の接続に影響を及ぼし、サーバーを適切にシャットダウンできなくなりました。
  • PS-8713: mysql_binlog_xxx()シンボルは、lybmysqlclient.soにエクスポートされませんでした。
  • PS-8719: 監査ログプラグインがフラッシュ時に停止しました。
  • PS-8747: Federated SEの内部プロキシサーバー接続タイムアウトが発生すると、実際の操作は成功しましたが、Got an error writing communication packetsがユーザーに報告されました。

Percona Server for MySQL 8.0.33-25 リリース情報(Percona社ウェブサイト):
https://docs.percona.com/percona-server/8.0/release-notes/8.0.33-25.html


Perconaサポート・コンサルティング

Percona
Perconaサポート・コンサルティングサービスはPercona Serverをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。