2023.02.10

Percona

Percona Server for MySQL 8.0.31-23(リリース日:2023年2月9日)

リリースハイライト

Oracle for MySQL 8.0.31で導入され、Percona Server for MySQLに含まれる改善点とバグ修正は次のとおりです。

  • MySQLは、SQL標準のINTERSECTおよびEXCEPTテーブル演算子のサポートを追加します。
  • InnoDBは、並列インデックス作成をサポートしています。これにより、インデックス作成のパフォーマンスが向上します。並べ替えられたインデックスエントリーは、マルチスレッドでBツリーに読み込まれます。以前のリリースでは、このアクションは単一のスレッドによって実行されました。
  • Performanceスキーマおよびsysスキーマは、MySQL 8.0.28で導入されたグローバルおよびセッションメモリ制限のメトリックを示します。
    次の列がパフォーマンススキーマテーブルに追加されました:

    パフォーマンススキーマテーブル
    SETUP_INSTRUMENTS FLAGS
    THREADS CONTROLLED_MEMORY, MAX_CONTROLLED_MEMORY, TOTAL_MEMORY, MAX_TOTAL_MEMORY
    EVENTS_STATEMENTS_CURRENT, EVENTS_STATEMENTS_HISTORY, EVENTS_STATEMENTS_HISTORY_LONG MAX_CONTROLLED_MEMORY, MAX_TOTAL_MEMORY
    ステートメント概要テーブル MAX_CONTROLLED_MEMORY, MAX_TOTAL_MEMORY
    パフォーマンススキーマ接続テーブル MAX_SESSION_CONTROLLED_MEMORY, MAX_SESSION_TOTAL_MEMORY
    PREPARED_STATEMENTS_INSTANCES MAX_CONTROLLED_MEMORY, MAX_TOTAL_MEMORY

    次の列がsysスキーマのSTATEMENT_ANALYSISビューおよびX$STATEMENT_ANALYSISビューに追加されました:

    • MAX_CONTROLLED_MEMORY
    • MAX_TOTAL_MEMORY

    controls_by_defaultフラグがSETUP_INSTRUMENTSテーブルのPROPERTIES列に追加されました。
    現在、非グローバルメモリインストゥルメントを制御メモリインストゥルメントのセットに追加および削除できるようになりました。これを行うためには、SETUP_INSTRUMENTSのFLAGS列の値を設定します。

    SQL> UPDATE PERFORMANCE_SCHEMA.SETUP_INTRUMENTS SET FLAGS=”controlled”
    WHERE NAME=’memory/sql/NET::buff’;
  • audit_log_flush変数は非推奨となりました。将来のリリースでは削除される予定です。

MySQL 8.0.31のリリースノートで、バグ修正と変更点の完全なリストを確認してください。

改善点

  • PS-7963: SELECTステートメントを使用する時、トリガー定義はテーブルキャッシュにキャッシュされません。この改善により、次の変数が追加されます:
    • table_open_cache_triggersシステム変数
    • table_open_cache_triggers_hits、table_open_cache_triggers_misses、table_open_cache_triggers_overflowsステータス変数
  • PS-8433: 固定サイズのエラーバッファを可変サイズのエラーバッファに置き換えることで、トリガーをキャッシュする時に消費されるメモリを削減します。
  • PS-8593: RelWithDebInfo設定でコンパイルされたバイナリtarballには、最小の(“-g1”)ではなく完全な(“-g”)デバッグ情報が含まれます。
  • PS-8553: Oracle Linux 9 RPMパッケージは、ZenFSを有効にしてビルドされるようになりました。

バグ修正

  • PS-1098: audit_log_flushを複数回呼び出すことによってログファイルを手動でローテーションすると、間違ったログファイルが使用されました。
  • PS-7923: アサーション own_gtids.is_owned_by(thd->owned_gtid, thd->thread_id())が失敗しました。
  • PS-8106: CREATE TABLE ASステートメントのレプリケート時にレプリケーションが停止されると、MySQLが終了しました。
  • PS-8128: performance_schemaテーブルを参照するビューのインプレースアップグレードが失敗しました。
  • PS-8328: group_concatをgroup by with rollupと共に使用すると、MySQL 8.0が終了しました。
  • PS-8503: checkpoint_age関連のステータスに値がありませんでした。
  • PS-8547: バイナリによって開始されたプロセスを含む全てのアクティブなプロセスをカウントするために、バイナリ名の後にスペースを追加しました。
  • PS-8589: レプリカが致命的なシグナル11でクラッシュしました。
  • PS-8327: ストアドプロシージャ内でのALTER TABLE … CHECK PARTITIONの使用に失敗しました。
  • PS-8442: buf_pool_invalidate_instance()でのクラッシュの修正。

非推奨および削除

このリリースでは、次の機能、システム変数、ステータス変数、オプションが削除されています:

  • innodb_encryption_redo_key_version
  • innodb_encryption_rotation_pages_read_from_cache
  • innodb_encryption_rotation_pages_read_from_disk
  • innodb_encryption_rotation_pages_modified
  • innodb_encryption_rotation_pages_flushed
  • innodb_encryption_rotation_estimated_iops
  • innodb_encryption_rotation_list_length
  • innodb_num_pages_encrypted
  • innodb_num_pages_decrypted
  • innodb_encryption_threads
  • innodb_encryption_rotate_key_age
  • innodb_encryption_rotation_loops
  • innodb_default_encryption_key_id
  • rotate_system_keyと全ての依存関係

このリリースでは、次のシステム変数オプションが変更されています:

  • ONLINE_TO_KEYRINGおよびONLINE_FROM_KEYRING_TO_UNENCRYPTEDオプションは、default_table_encryption変数から削除されました。
  • innodb_sys_tablespace_encrypt変数のデータタイプがBooleanに変更されました。

Percona Server for MySQL 8.0.31-23 リリース情報(Percona社ウェブサイト):
https://docs.percona.com/percona-server/8.0/release-notes/8.0.31-23.html


Perconaサポート・コンサルティング

Percona
Perconaサポート・コンサルティングサービスはPercona Serverをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。