2022.07.20

Percona

Percona XtraDB Cluster 8.0.28-19.1 GA版(リリース日:2022年7月19日)

リリースハイライト

Oracle for MySQL 8.0.28で導入され、Percona Server for MySQLに含まれている改善点とバグ修正は次のとおりです。

  • CHARACTER SET latin1のASCIIショートカットとCHARACTER SET ucs2のUNICODEショートカットは非推奨となり、代わりにCHARACTER SETを使用するように警告が表示されます。ショートカットは将来のバージョンで削除される予定です。
  • 同じ名前のストアド関数とロード可能な関数は、同じ名前空間を共有できます。共有名前空間でストアド関数を呼び出す時にスキーマ名を追加します。関数名が衝突すると、サーバーは警告を生成します。
  • InnoDBは、ALGORITHM=INSTANTを使用する場合、ALTER TABLE … RENAME COLUMN操作をサポートします。
  • innodb_open_filesの制限に、一時テーブルスペースファイルが含まれるようになりました。以前のバージョンのinnodb_open_filesでは、一時テーブルスペースファイルはカウントされませんでした。

修正されたバグ

  • PXC-3923:read_onlyまたはsuper_read_onlyオプションが設定されている場合、ANALYZE TABLEコマンドがノードをクラスターから削除しました。
  • PXC-3388:ジョイナーが強制終了された後、Percona XtraDB ClusterがDESYNCED状態でスタックしました。
  • PXC-3609:バイナリログが無効になっている場合、バイナリログステータス変数が更新されました。現在、バイナリログが無効になっている場合、ステータス変数は登録されません。
  • PXC-3848:CURRENT_USER()関数が使用された時に、クラスターノードが終了しました。
  • PXC-3872:system_user権限のないユーザーがシステムユーザーを削除できました。
  • PXC-3918:Percona XtraDB Clusterサーバーが暗号化された接続を使用した場合、Galera Arbitrator(garbd)は接続できませんでした。適切な証明書が指定された場合でも、この問題は解決しませんでした。
  • PXC-3924:外部キーが無効で違反している時にTRUNCATE TABLE XとINSERT INTO Xオプションを使用すると、スレーブノードでHA_ERR_FOUND_DUPP_KEYエラーが発生しました。
  • PXC-3062:wsrep_incoming_addressesステータス変数にgarbd IPアドレスが含まれていませんでした。

Percona XtraDB Cluster 8.0.28-19.1 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/8.0/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-8.0.28-19.1.html


Perconaサポート・コンサルティング

Percona
Perconaサポート・コンサルティングサービスはPercona Serverをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。