2022.05.24

MariaDB

MariaDB Community Server 10.3.35 GA版(リリース日:2022年5月20日)

主な変更点
<InnoDB>

  • innodb_disallow_writesが削除されました(MDEV-25975)
  • InnoDBギャップロックの修正(MDEV-20605、MDEV-28422)

<レプリケーション>

  • rsync ISTの後にBinlogが消える(MDEV-28583)
  • autocommit=0 スレーブハングが解消されました(DBAAS-7828)
  • マスターのクラッシュは、パケットカウントの修正を伴う圧縮された半同期レプリケーションプロトコルで排除されます(MDEV-25580)
  • シーケンスでOPTIMIZEを実行しても、事実に反するER_BINLOG_UNSAFE_STATEMENTは発生しなくなりました(MDEV-24617)
  • 自動生成されたGtid_log_list_eventは、レプリケーションイベントグループ内で正式なメンバーとして認識されます(MDEV-28550)
  • MIXED形式のビンロギングで一度に2つ以上の一意のキー値を使用する安全でないレプリケーション INSERT .. ON DUPLICATE KEY UPDATEが修正されました(MDEV-28310)
  • レプリケーションの安全でない INSERT .. ON DUPLICATE KEY UPDATEは、MIXED binlog形式で不要な「安全でないステートメント」の発行を停止します(MDEV-21810)
  • 不完全なレプリケーションイベントグループが検出され、スレーブ IOスレッドによってエラーが発生しました(MDEV-27697)
  • フラッシュするようになり、ファイルを実際のバイトとともに一覧表示できるようになりました(MDEV-14608)

<バックアップ>

  • rsyncとmariabackupを使用したGalera SST後の不正なbinlog(MDEV-27524)
  • mariabackupはマルチソースレプリケーションスレーブを検出しません(MDEV-21037)
  • バックアップ段階での役に立たない警告”InnoDB: Allocated tablespace ID for , old maximum was 0″(MDEV-27343)
  • 完全バックアップが取られた後に新しいスキーマが作成された場合、mariabackupの準備は増分に対して失敗します(MDEV-28446)

<オプティマイザ>

  • ANALYZE FORMAT=JSONフィールドがUNION ALLクエリに対して正しくありません(MDEV-27699)
  • UPDATEクエリのサブクエリは、範囲ではなくフルスキャンを使用します(MDEV-22377)
  • Assertion `item1->type() == Item::FIELD_ITEM …(MDEV-19398)
  • Expression_cache_tracker::fetch_current_statsでサーバーがクラッシュする(MDEV-28268)
  • Item_subselect::init_expr_cache_trackerでのMariaDBサーバーのクラッシュ(MDEV-26164、MDEV-26047)
  • ORDER BY句のmy_decimalタイプの結合でのクラッシュ(MDEV-25994)
  • st_join_table::cleanupのSIGSEGV(MDEV-24560)
  • Item_subselect::execでのAssertion `!eliminated’ failed(MDEV-28437)

<一般>

  • RHEL/CentOS 7の場合、x86_64以外のアーキテクチャはアップストリームでサポートされなくなったため、このリリースで弊社のサポートも終了します。
  • MariaDBの非推奨ポリシーに従い、これがDebian 9 “Stretch”向けのMariaDB 10.3の最後のリリースになります。

<セキュリティ>

    • 次のセキュリティ脆弱性の修正
      *CVE-2021-46669
      *CVE-2022-21427
      *CVE-2022-27376
      *CVE-2022-27377
      *CVE-2022-27378
      *CVE-2022-27379
      *CVE-2022-27380
      *CVE-2022-27381
      *CVE-2022-27383
      *CVE-2022-27384
      *CVE-2022-27386
      *CVE-2022-27387
      *CVE-2022-27445
      *CVE-2022-27447
      *CVE-2022-27448
      *CVE-2022-27449
      *CVE-2022-27452
      *CVE-2022-27456
      *CVE-2022-27458

MariaDB 10.3.8以前からMariaDB 10.3.9以降にアップグレードする場合、MDEV-14637で導入された変更のため、mysql_upgradeの実行が必要です。

MariaDB Community Server 10.4.25のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-10425-release-notes/
MariaDB Community Server 10.4.25の全ての変更点(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-10425-changelog/


 MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDB
MariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。