2022.02.10

MariaDB

MariaDB Community Server 10.5.14 GA版(リリース日:2022年2月9日)

主な変更点
InnoDB
・–skip-symbolic-linksは.islファイルの作成を禁止しません(MDEV-26870)
・インデックス付きのCHAR列はNO_PAD照合で壊れています(MDEV-25440)
・挿入意図ロックが待機中の通常ロックと競合します(MDEV-27025)
・クラッシュリカバリの改善(MDEV-26784、MDEV-27022、MDEV-27183、MDEV-27610)
Galera
・Galeraが26.4.11に更新されました
・Galera SSTスクリプトは、CAディレクトリにssl_capath(ssl_caではない)を使用する必要が
 あります(MDEV-27181)
・シーケンスの変更は、Galeraクラスタ内の別のノードに複製されません(MDEV-19353)
・Galeraクラッシュ – アサーション。考えられる並列書き込みセットの問題(MDEV-26803)
・FOREIGN KEY制約のあるCREATE TABLEは、並列で適用できません(MDEV-27276)
・Galeraクラスタノードは、server_id [wsrep_gtid_mode=ON]を変更した後でも、
 古いserver_id値を考慮します(MDEV-26223)
レプリケーション
・人工から修正されたSeconds_Behind_Masterはリレーログローテーションでスパイクします
 (MDEV-16091)
・トランザクションが一時テーブルを作成または削除する時のbinlogでのステートメントの
 ロールバックは正しく設定されます(MDEV-26833)
・CREATE-or-REPLACE SEQUENCEは、スレーブでの並列実行を安定させるためにDDLフラグを
 使用してbinlogに記録されます(MDEV-27365)
パッケージングとその他
・2つのアップグレードの並列実行の禁止(MDEV-27068、MDEV-27107、MDEV-27279)
・MariaDB非推奨ポリシーに従い、これはUbuntu 21.04 Hirsute、CentOS 8、および
 Fedora 33用のMariaDB 10.5の最後のリリースになります
・mariadb_repo_setupスクリプトがバージョン 2022-02-08に更新され、次の修正と機能拡張が
 行われました:
  ・スクリプトのデフォルトの場所が次の場所に移動されました:
   https://r.mariadb.com/downloads/mariadb_repo_setup
   (古い場所は非推奨ですが、引き続き機能します)
  ・DebianおよびUbuntuリポジトリで使用されるGPGキーリングファイルは
   https://supplychain.mariadb.com/mariadb-keyring-2019.gpg
   に移動し、ファイルのチェックサムは
   https://supplychain.mariadb.com/mariadb-keyring-2019.gpg.sha256
   にあります。
  ・RHELおよびSLES aarch64リポジトリのサポートが追加されました。
  ・MariaDBサーバーのバージョンが、コマンドラインで指定されている場合、
   正しい名前に従っており、対応するリポジトリが実際に存在することを
   確認するための新しい関数が追加されました。
  ・UbuntuおよびDebianリポジトリのリポジトリピン留めを修正しました。
  ・MariaDB Server 10.7がデフォルトのサーバーバージョンになりました。
Dockerライブラリ
・初期化中にバイナリロギングを無効にすることによる初期化の高速化(MDEV-27074)
・mysql_upgradeは、必要に応じて環境変数 MARIADB_AUTO_UPGRADE=1を使用して実行できます
 (MDEV-25670)
・ヘルスチェックスクリプト/usr/local/bin/healthcheck.shが、様々なチェックオプションを使用して
 コンテナにインストールされます(MDEV-25434)
・mysql@localhostユーザーは、環境変数 MARIADB_MYSQL_LOCALHOST_USER=1と、
 MARIADB_MYSQL_LOCALHOST_GRANTS={グローバル付与リスト}を使用した
 追加の付与(USAGE以外)で作成されます(MDEV-27732)
・起動/初期化を高速化し、正確な”healthcheck.sh –innodb_buffer_pool_loaded”を実行するために、
 一時的な起動/シャットダウン時にinnodbバッファプールのロード/ダンプをスキップします
・datadir/socketディレクトリのグループ所有権を変更します(問題 #401)
・システムユーザーの保護に関する注意に関するログメモ、mysql_secure_installationは不要(redditの提案)
・タイムゾーンのDockerライブラリの初期化を高速化(MDEV-27608、MDEV-23326)
セキュリティ
・次のセキュリティ脆弱性の修正
  *CVE-2022-24052
  *CVE-2022-24051
  *CVE-2022-24050
  *CVE-2022-24048
  *CVE-2021-46659

MariaDB Community Server 10.5.14のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-10514-release-notes/
MariaDB Community Server 10.5.14の全ての変更点(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-10514-changelog/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細