2021.03.05

Couchbase

Couchbase Lite Java 2.8.4 GA版(リリース日:2021年3月)

改善点
拡張機能のハイライトには、レプリケーターのハートビートを変更する機能が含まれます。
これにより、アイドル状態のときに継続的なレプリケーション接続が維持されます。

Couchbase Lite for Javaは、Apple Silicon (M1)をサポートするようになりました。

・CBL-370 – API: KotlinはReplicatorTypeをインポートできない。解決しました。
・CBL-1534 – Apple Siliconのサポート
・CBL-1549 – 認識されないコア状態を合理的に処理します。
・CBL-1703 – EOFExceptionが失敗した後、レプリケーションは3回まで(2秒間隔で)再試行します。

問題と解決策
<既知の問題>
・CBL-49 – ブール型を区別する方法が必要です。
・CBL-95 – 保留中の競合は、間違ったレプリケーターによって解決される可能性があります。
・CBL-216 – N1QLの期待と矛盾するnull値の順序付け
・CBL-637 –
Javaコンソールアプリが終了しない。

<解決された問題>
・CBL-1439 – c4_setTempDirのメモリリーク
・CBL-1513 – 停止状態はリークされてはいけない。
・CBL-1515 – レプリケーションチェックポイントを計算する時にURLを標準化する。
・CBL-1547 – Replicator.resetCheckpoint() APIの非推奨
・CBL-1663 – ポーラーはEOFで無限ループに入ります。
・CBL-1051 – ロックを取得しようとするファイナライザー
・CBL-1440 – FLSliceResultのメモリリーク
・CBL-1441 – レプリケーターが停止状態の場合、バインディングが例外をスローします。
・CBL-1495 – レプリケーターが「接続」状態でスタックしている:根本原因
・CBL-1514 – CBL Java 2.8.1は、デフォルトのディレクトリとして.couchbaseを使用します。
・CBL-1527 – レプリケーターがハングするか、WebSocketの状態の更新を遅らせる。
・CBL-1537 – Replicator.start()は非推奨にされるべきではない。
・CBL-1566 – c4log_enableFatalExceptionBacktraceが呼び出されることを確認。
・CBL-1591 – CBLWebsocketがCONNECTINGの時にCBLWebsocketを閉じると、クラッシュが発生します。
・CBL-1624 – コアからプラットフォームへのログレベルが正しく設定されない。

Couchbase Lite Java 2.8.4 リリースノート(Couchbase社ウェブサイト):
https://docs.couchbase.com/couchbase-lite/current/java/product/java-releasenotes.html

Couchbaseサブスクリプション

CouchbaseCouchbaseサブスクリプションは、データベースSEによる日本語でのテクニカルサポートを付属した、公式サブスクリプションサービスです。

Couchbaseの詳細