MySQLニュース

MariaDB Connector/ODBC 3.1.2 GA版(リリース日:2019年7月23日)

主な変更点
・ODBC-210 - OS Xのコンパイル警告を修正。
・ODBC-250 - 動的リストの操作はスレッドセーフではなく、ミューテックスで保護される必要がある。
・ODBC-252 - "BUILD.md"ファイルにあるコマンドを実行するとビルドに失敗した。
・ODBC-253 - StatementTextが"\0"の場合、MADB_StmtExecDirect()がクラッシュする。
・ODBC-254 - FTBFS:libmaの設定ミス。
・ODBC-256 - 空のステートメントでドライバがクラッシュする。
・ODBC-257 - コピーペーストエラーのためのCPackをダブルチェックしてください。
・ODBC-258 - RFE:ドキュメンテーションとライセンスのディレクトリを設定可能にする。
・ODBC-260 - MYSQL構造の内部へのすべての参照を削除する。
・ODBC-255 - WindowsでC/ODBCがアップグレードされると、既存のデータソースが移動される。
・ODBC-211 - SQLDescribeColはフィールドタイプdecimal(1,0)に対してprecision=0を返す。

MariaDB Connector/ODBC 3.1.2のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-connector-odbc-312-release-notes/
MariaDB Connector/ODBC 3.1.2の全ての変更点(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/library/mariadb-connector-odbc-312-changelog/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ