製品&サポートサービス

pt-mext

コマンド

pt-mext [ オプション ] -- [ コマンド ]

【必須項目】

  • [ コマンド ]
    ・ mysqladmin -p exc : mysqladminコマンドを使用します
    ・ -i : 差分検出の間隔を指定します(単位:秒)
    ・ -c : 比較ポイントの個数を指定します(出力される差分は“指定した値-1”となります)

【主なオプション】

  • ・ -r : 変化した場合の差分のみを表示します(変化がないステータスについては0と表示されます)

目的

指定した間隔で、MySQLの「GLOBAL STATUS」の変化を表示します

シナリオ

以下のコマンドを実行し、"MySQLへの接続が失敗した回数" を "10秒間隔" で "5回分" 表示します

# pt-mext -- "mysqladmin -p ext -i 10 -c 6" | grep "Aborted_connects"

※mysqladminコマンドはrootユーザーでMySQLに入るため、rootのパスワードを入力する必要があります

別の端末を開いて以下のコマンドを実行し、ログインに失敗します(それを何度か繰り返します)

# mysql -u root -p"missword"

結果

以下のような結果が標準出力されます
一番左が初期状態で、そこから3回、4回、5回、6回とログイン失敗回数が増加しているのが分かります

pt-mext01

良い点

全てのGLOBAL STATUSの変化を監視することが出来るため、不審な動作やエラーをすぐに検知できます

任意の回数、間隔で差異を出力できるため、定期的な保守などにも応用できます

MySQLや関連ソリューションに関するお問い合わせ、お見積などがございましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ各MySQL保守サービス見積依頼スマートスタイルOSSストア

ページトップへ