スマートスタイル TECH BLOG|データベース&クラウドの最新技術情報を配信

Go 言語から MariaDB Server を使ってみる

本記事は MariaDB Corporation より寄稿された記事となります

はじめに

Go (Go言語 / Golang, https://golang.org/) は C言語を開発したことで知られる Ken Thompson らによって2009 年に設計された比較的新しいプログラミング言語で,最近人気が高まっています。
今回は Go から MariaDB Server 10.3 に接続してみます。

実行環境

以下の実行環境を用いました。

  • CentOS 7.6.1810
  • MariaDB Server 10.3.15
  • Golang 1.11.5

Golang / MySQL ドライバのインストール

以下のコマンドで golang をインストールします。

執筆時点では以下の RPM がインストールされました。

Go では外部ライブラリを go get でインストールします。現時点で MariaDB から Go 用 Connector は提供されていませんので,今回はGitHub で公開されている MySQL 用ドライバを用います。

go env で表示される GOPATH で示されるパスにドライバがダウンロード/インストールされます。

サンプルコード1

MariaDB Server へ接続し,バージョンを確認するサンプルコード(check_mariadb_ver.go)は以下のようになります。なお,事前に test_db データベースと db_user ユーザを作成しています。

サンプルコード1実行結果

サンプルコードをコンパイル/実行します。

また,Go ではスクリプト言語のように go run でプログラムを実行することができます。

サンプルコード2

https://github.com/datacharmer/test_db にある MySQL 用サンプルデータを MariaDB Server にインポートし,SELECT文を Go で書かれたプログラムから実行してみます。

サンプルコード2実行結果

正常にテストデータが取得できているようです。

まとめ

今回は Go で書かれたプログラムから MariaDB Server に接続し,SELECT 文を実行するサンプルコードについて解説させていただきました。


執筆者情報

後藤 智(GOTO Satoru)
2017年6月よりMariaDB CorporationにてAPAC(Asia Pacific)地域におけるプリセールス業務を主に担当。現在は主に日本を担当。
この執筆者の他の記事をよむ
Return Top