OSSニュース

Percona XtraDB Cluster 8.0.23-14.1 GA版(リリース日:2021年6月9日)

改善点
・PXC-3092: キーリングは指定されているが、クラスタートラフィックの暗号化がオフになっている場合、
 起動時に警告をログに記録します。

修正されたバグ
・PXC-3464: データが SET SESSION sql_log_bin = 0 の場合伝播されない。
・PXC-3146: Galera/SSTはSSL証明書のデフォルトのデータディレクトリの場所を探していない。
・PXC-3226: PXCサーバーからのCHECK TABLEの結果により、クライアントライブラリがクラッシュする
 ことがある。
・PXC-3381: 別の文字セットを使用するようにGTID関数を変更。
・PXC-3437: ノードがエンドレスループに参加できない。
・PXC-3446: サーバーのシャットダウン中のメモリリーク。
・PXC-3538: バックアップが成功した後にGarbdがクラッシュする。
・PXC-3580: 1つのノードでの積極的なネットワーク停止により、クラスタ全体が使用できなくなる。
・PXC-3596: SSTの中断でノードがスタックする。
・PXC-3645: 進行中のトランザクションおよびRSU中のデッドロック。

Percona XtraDB Cluster 8.0.23-14.1 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/8.0/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-8.0.23-14.1.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ