OSSニュース

Percona XtraDB Cluster 8.0.22-13.1 GA版(リリース日:2021年3月22日)

このリリースでは、CVE-2020-15180と同様の問題である、セキュリティの脆弱性CVE-2021-27928が
修正されています。

改善点
・PXC-3575: SELinuxとAppArmorのパッケージ変更を実装
・PXC-3115: デフォルトのSELinuxとAppArmorポリシーを作成

修正されたバグ
・PXC-3536: スレッドがTOIにある場合にスレッド/クエリが強制終了されないように、処理を変更
・PXC-3565: PXCでのSELECTのパフォーマンスを修正
・PXC-3502:リストインデックスプロセスのthd_binlog_format()関数の条件を修正
・PXC-3501: DELETEクエリの書き込みセットに外部キーの依存関係を含めるように
 wsrep_row_upd_check_foreign_constraints()を修正
・PXC-2913: wsrepプロバイダーがアンロードされた時のMDLロックアサーションを修正
・PXC-3475: 8.0のログスタイルを適切に解析するためにmysqld_safeスクリプトを調整

既知の問題(知っておくべき未修正の問題)
・PXC-3039: SSLが無効なノードがSSLが有効なクラスタに参加しようとした場合、
 有用なエラーメッセージがない
・PXC-3092: キーリングは指定されているが、クラスタトラフィックの暗号化がオフになっている場合、
 起動時に警告がログに記録される
・PXC-3093: 完了したSST転送がgarbdによって誤ってログに記録された(タイミングが正しくない)

Percona XtraDB Cluster 8.0.22-13.1 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/8.0/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-8.0.22-13.1.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ