OSSニュース

Percona XtraDB Cluster 8.0.21-12.1 GA版(リリース日:2020年12月28日)

改善点
・PXC-2574: “BF lock wait long”タイムアウトのメッセージングを改善

修正されたバグ
・PXC-3353: ドナーがSST中にクラッシュした時、または、無効なドナー名がそれに渡された時のGarbdの
 エラー処理を変更
・PXC-3468: RHEL/CentOS8にPXC 5.7をインストールする時のパッケージの競合を解決
・PXC-3418: インプレースのALTERが全期間にわたって共有MDLを取得するようにすることにより、
 DDL-DMLデッドロックを防止する
・PXC-3416: 無効なグループ名で開始した場合のgarbdのメモリリークを修正
・PXC-3445: MTRテストの失敗を修正
・PXC-3442: log_slave_updates=ONで、整合性チェックステートメントが実行された時のクラッシュを
 修正
・PXC-3424: ドナーがSSTを提供できない時のエラー処理を修正
・PXC-3404: CCアクションの処理中のgarbdのメモリリークを修正
・PXC-3191: super_read_onlyの時のwsrep_* テーブルのRead-Onlyチェックの変更

既知の問題(知っておくべき未修正の問題)
・PXC-3039: SSLが無効なノードがSSLが有効なクラスタに参加しようとした場合、
 有用なエラーメッセージがない
・PXC-3092: キーリングは指定されているが、クラスタトラフィックの暗号化がオフになっている場合、
 起動時に警告がログに記録される
・PXC-3093: 完了したSST転送がgarbdによって誤ってログに記録された(タイミングが正しくない)
・PXC-3159: ドナーがクラッシュした時に、通信チャネルを閉じ、ジョイナーノードを中止するように、
 エラー処理を変更

Percona XtraDB Cluster 8.0.21-12.1 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/8.0/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-8.0.21-12.1.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ