OSSニュース

Percona XtraDB Cluster 5.7.29-31.43 GA版(リリース日:2020年5月8日)

改善点
・PXC-3002:PXC mysql-systemdパラメータservice_startup_timeoutは、設定可能な時間の後に
 起動プロセスを終了します。より多くの時間を必要とするワークロードのservice_startup_timeoutに
 “Disable”(無効)オプションを追加しました。
・PXC-2259:“Index of files created by PXC”ドキュメントを更新し、ファイル名と説明を追加しました。
・PXC-2197:SSTドキュメントを修正し、Percona XtraBackup (PXB)のパッケージの依存関係を
 追加しました。
・PXC-2602:wsrep_sst_xtrabackupでxbstreamオプションを設定する機能を追加しました。

バグ修正
・PXC-2705:同じテーブルと同じソースデータに対してLOAD DATAクエリを並列実行し、行数が
 10kを超えると、クラスターの一貫性が失われました。
・PXC-2683:ユーザーがinnodb_locks_unsafe_for_binlog=1を設定すると、問題が発生する場合が
 あります。この変数は非推奨です。変数の処理が削除されました。
・PXC-3202:CentOS 8では、rpmパッケージのPOSTUNスクリプトレットは"空の文字列"に展開し、
 エラーを発生させました。
・PXC-3190:SHOW PROCESSLISTからCREATE USERを削除するCleanup関数の実行に追加。
・PXC-3076:Galera SConstructファイルを修正し、python3コンポーネントを削除しました。
・PXC-2969:“Load balancing with Proxy-SQL”ドキュメントを修正し、使用基準を追加しました。
・PXC-2904:“Percona-XtraDB-Cluster-57” yumパッケージに必要なxtrabackupバージョンが
 インストールされていることを確認。
・PXC-2958:ユーザードキュメントを修正し、wsrep_certification_rulesとそのオプション
 cert.optimistic_paを追加しました。
・PXC-2974:Percona XtraDB Cluster (PXC) Dockerfileを修正し、Galera WSREPリカバリープロセスを
 統合しました。
・PS-6979:CREATE USERがプロセスリストに残っていると、他のユーザーにそれが表示される場合が
 あります。イベントの一部としてクリーンアップ関数を呼び出すように処理を修正しました。
  (Upstream #99200)
・PXC-2912:netcat設定を修正し、より新しいバージョンのnetcatで必要な-Nフラグをドナーに
 追加しました。このオプションを使用すると、入力EOFの後にネットワークソケットをシャットダウン
 できます。

Percona XtraDB Cluster 5.7.29-31.43 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/5.7/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-5.7.29-31.43.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ