MySQLニュース

Percona XtraDB Cluster 5.7.22-29.26がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/LATEST/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-5.7.22-29.26.html

2018年6月29日に、Percona XtraDB Cluster 5.7.22-29.26がリリースされました。同製品は、Percona XtraDB Cluster 5.7のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。


Deprecated(非推奨の変更)

* The following variables are deprecated starting from this release

  以下のパラメータ変数が本バージョンから非推奨になりました。

  - wsrep-force-binlog-format
  - wsrep_sst_method = mysqldump

  As long as the use of binlog_format=ROW is enforced in 5.7, wsrep_forced_binlog_format
  variable is much less significant. The same is related to mysqldump, as xtrabackup is now 
  the recommended SST method.

  PXC5.7から binlog_format=ROW の設定がほぼ強制となったため、wsrep_forced_binlog_format変数の
  効果がなくなりました。同様に、xtrabackupがSSTの推奨方式になったため、mysqldumpの設定も現在は
  有効ではありません。

New feature(新しい機能)

* PXC-907: New variable wsrep_RSU_commit_timeout allows to configure RSU wait for active 
  commit connection timeout (in microseconds).

  新しいwsrep_RSU_commit_timeoutパラメータ変数が実装されました。これによりRSU時のアクティブな
  commit接続のタイムアウト値をマイクロ病単位で設定できます。

* Percona XtraDB Cluster now supports the keyring_vault plugin, which allows to store 
  the master key in a vault server.

  Percona XtraDB Clusterが keyring_vault プラグインをサポートし、マスタキーをvaultサーバに
  保管できるようになりました。

* Percona XtraDB Cluster  5.7.22 depends on Percona XtraBackup  2.4.12 in order to fully 
  support vault plugin functionality.

  vaultプラグインの機能を完全サポートするためにPercona XtraDB Cluster 5.7.22 は、Percona
  XtraBackup 2.4.12 以降を必要とします。

Bugs Fixed(バグの修正)

* PXC-2127: Percona XtraDB Cluster shutdown process hung if thread_handling option was 
  set to pool-of-threads due to a regression in  5.7.21.

  thread_handlingオプションにpool-of-threadsを設定している場合、PXCのシャットダウンプロセスが
  ハングしてしまう不具合を修正しました。これはPXC5.7.21のリグレッションです。

* PXC-2128: Duplicated auto-increment values were set for the concurrent sessions on cluster
  reconfiguration due to the erroneous readjustment.

  誤った再調整によって重複したauto_increment値がクラスタ内の並列セッション間で割り当てられて
  しまう不具合を修正しました。

* PXC-2059: Error message about the necessity of the SUPER privilege appearing in case of 
  the CREATE TRIGGER statements fail due to enabled WSREP was made more clear.

  WSREPが有効になっている場合に、CREATE TRIGGER文を発行したときなどに表示されるSUPER権限に
  関するエラーメッセージをより分かりやすいよう修正しました。

* PXC-2061: Wrong values could be read, depending on timing, when read causality was enforced
  with wsrep_sync_wait=1, because of waiting on the commit monitor to be flushed instead of
  waiting on the apply monitor.

  wsrep_sync_wait=1を設定し、causal readを強制している場合でも、タイミングによっては誤った値を
  読み込んでしまうときがありました。これは、apply monitorを待機するのではなく、commit monitorが
  フラッシュされるのを待機していたことが原因です。

* PXC-2073: CREATE TABLE AS SELECT statement was not replicated in case if result set was empty.

  実行結果が空のとき、CREATE TABLE AS SELECT がレプリケーションされない不具合を修正しました。

* PXC-2087: Cluster was entering the deadlock state if table had an unique key and INSERT ...
  ON DUPLICATE KEY UPDATE statement was executed.

  テーブルにユニークキーが存在し、なおかつINSERT ... ON DUPLICATE KEY UPDATEを実行したとき、
  クラスタがデッドロックを発生させてしまう不具合を修正しました。

* PXC-2091: Check for the maximum number of rows, that can be replicated as a part of 
  a single transaction because of the Galera limit, was enforced even when replication 
  was disabled with wsrep_on=OFF.

  Galeraが無効になっている場合(wsrep_on=OFF)でも、Galeraの制限によりINSERTされるレコードの
  最大数をチェックするようになっています。

* PXC-2103: Interruption of the local running transaction in a COMMIT state by a replicated
  background transaction while waiting for the binlog backup protection caused the commit
  fail and, eventually, an assert in Galera.

  ローカル上で実行されているトランザクションが、他ノードで実行されレプリケーションされてきた
  トランザクションによって、コミット失敗もしくはアサーションエラーとなることがある不具合を
  修正しました
  
* PXC-2130: Percona XtraDB Cluster failed to build with Python 3.
  
  Python3系の場合、Percona XtraDB Clusterのビルドに失敗する問題を解消しました。

* PXC-2142: Replacing Percona Server with Percona XtraDB Cluster on CentOS 7 with the yum 
  swap command produced a broken symlink in place of the /etc/my.cnf configuration file.

  CentOS 7上で、yum swapコマンドを使って Percona Server を Percona XtraDB Cluster に置き換え
  要とした場合、/etc/my.cnfなど設定ファイルに対する不正なシンボリックリンクを作成してしまう
  不具合を修正しました。

* PXC-2154: rsync SST is now aborted with error message if used onnode with keyring_vault
  plugin configured, because it doesn’t support  keyring_vault. Also Percona doesn’t
  recommend using rsync-based SST for data-at-rest encryption with keyring.

  keyring_vaultプラグインが有効になっているノードがある場合、SSTの再同期がアボートするように
  なりました。これはkeyring_vaultがサポート外であるためです。同様に、透過的暗号を使っている
  場合に、rsyncによるSSTは推奨されなくなりました。

* PXB-1544: xtrabackup --copy-back didn’t read which encryption plugin to use from 
  plugin-load setting of the my.cnf configuration file.

  xtrabackup --copy-back実行時に、設定ファイル内の plugin-load の項目が読まれない不具合を
  修正しました。

* PXB-1540: Meeting a zero sized keyring file, Percona XtraBackup was removing and 
  immediately recreating it, and this could affect external software noticing the file 
  had undergo some manipulations.

  keyring ファイルのサイズが0KBだった場合、XtraBackupはそれを速やかに削除し、再作成します。
  ただし、この動作は同ファイルを使用していた他のソフトウェアに影響を与える可能性があります。
  

Percona XtraDB Cluster 5.7.22-29.26 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/LATEST/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-5.7.22-29.26.html

Percona XtraDB Cluster 5.7は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona XtraDB Cluster」の最新の開発バージョンです。Percona XtraDB Cluster 5.6の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.7の機能も備えています。

Percona XtraDB Cluster 5.7には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.7にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・PXC Strict Modeの実装
・Performance SchemaにGalera関連のinstrumentsの追加
・ノード間のSSL通信の強化
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona XtraDB Cluster 5.7には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona XtraDB Cluster 5.7をインストール、または利用中のPercona XtraDB ClusterからPercona XtraDB Cluster 5.7にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/5.7/index.html

下記のダウンロードページから、Percona XtraDB Clusterのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-XtraDB-Cluster-57/LATEST/

以上

ページトップへ