MySQLニュース

Percona XtraDB Cluster 5.6.41-28.28 GA版(リリース日:2018年9月18日)

バグ修正
・PXC-1017: InnoDBのMemcachedアクセスがGaleraによって複製されないため、ノードがクラスタノード
 として動作している場合は、Memcached APIは現在無効です。
・PXC-2164: SSTスクリプトのSELinuxとの互換性が改善され、前述のプロセスに関連するポートのみを
 検索するようになりました。
・PXC-2155: SST実行中に作成された一時フォルダがクリーンアップ時に削除されるようになりました。
・PXC-2199: IF EXISTS句のためにMySQLが成功したものとして記録する
 DROP TRIGGER IF EXISTSステートメントが原因で発生する予期しないGTID生成を防ぐために、
 TOIレプリケーションプロトコルが修正されました。

Percona XtraDB Cluster 5.6.41-28.28 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/5.6/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-5.6.41-28.28.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ