OSSニュース

Percona XtraBackup 8.0.23-16.0 GA版(リリース日:2021年3月22日)

このリリースでは、セキュリティの脆弱性 CVE-2020-29488 が修正されています。

改善点
・PXB-2280: SELinuxとAppArmorのデフォルトポリシーを提供。
・PXB-1979: バックアップの破損を防ぐために、デフォルトで-lock-ddlを有効にします。

バグ修正
・PXB-2274: REDOログの代わりにps.log_statusからlast_checkpointとLSNを書き込むことにより、
 バックアップ段階で実行されているDMLステートメントがある時の復元処理を修正。
・PXB-2430: version-checkでno-server-version-checkの依存関係を削除することにより、ビルドの
 失敗を修正。
・PXB-2415: ビルドの依存関係を追加してdockerのDebian/Ubuntuパッケージを修正。
・PXB-2429: REDOスキャンフェーズで暗号化リセット操作をスキップすることにより、暗号化された
 テーブルスペースのバックアップの失敗を修正。
・PXB-2418: PROTOBUF_LITE_LIBRARYを削除 - これは使用されておらず、必要ありません。
・PXB-2395: xbstreamおよびxbcryptのバージョンを更新。
・PXB-2394: xbcloudヘルプのスペルを修正。
・PXB-2357: チェックサムの代わりにブロック番号を使用することにより、REDOログアーカイブを
 使用したバックアップのハングを修正。(REDOファイルとアーカイブファイルのチェックサムは
 異なる場合があります)
・PXB-2180: 増分準備中(最後の準備を除く)に論理REDO(MLOG_TABLE_DYNAMIC_META)の
 適用をスキップすることにより、論理REDOでの増分準備の失敗を修正。

Percona XtraBackup 8.0.23-16.0 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-xtrabackup/8.0/release-notes/8.0/8.0.23-16.0.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ