OSSニュース

Percona XtraBackup 2.4.16(リリース日: 2019年11月4日)

改善点
・2つのオプション(-backup-lock-timeoutと-backup-lock-retry-count)が追加され、
 FLUSH TABLES WITH READ LOCK、LOCK TABLE FOR BACKUP、LOCK BINLOG FOR BACKUPの
 ステートメントでメタデータロックを取得するためのタイムアウトを設定できるようになりました。

バグ修正
・Percona XtraBackupは、transition-keyパラメーターとともにパスワードが指定された場合、
 データベースに接続できませんでした。修正されたバグ PXB-1902。
・マスターキーがローテーションされると、Percona XtraBackupがREDOログの破損によって
 スタックする場合がありました。修正されたバグ PXB-1903。
・まれにですが、MySQLが暗号化されたテーブルスペースの最初のページをフラッシュする前に
 完全バックアップと増分バックアップの両方が作成された場合、Percona XtraBackupが
 テーブルスペース暗号化に関する増分バックアップ準備中にクラッシュすることがありました。
 修正されたバグ PXB-1894。
・暗号化されたテーブルでADD/DROP INDEXが実行されると、そのテーブルを復元できません
 でした。修正されたバグ PXB-1905。
・xtrabackup --prepareはテーブルの復号化に失敗する場合がありましたが、その操作が正常に
 完了したと報告することがありました。修正されたバグ PXB-1936。

Percona XtraBackup 2.4.16 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-xtrabackup/2.4/release-notes/2.4/2.4.16.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ