MySQLニュース

Percona Toolkit 3.1.0(リリース日:2019年9月13日)

新機能と改善点
・PT-1696:新しいpt-pg-summaryツールは、他のPTサマリーツールと同様の方法でPostgreSQLの
 データ収集をサポートします。
・PT-1663:pt-stalkには、消費できるディスク容量を制限する2つの新しいオプションがあります:
 --retention-sizeオプションは、pt-stalkが指定された量より少ないメガバイトを保存します。
 --retention-countオプションは、データが保持される実行の数を制限します。次の簡単な例は、
 これらの2つのパラメーターをツールに渡す方法を示しています(ここで、pt-stalkは情報を
 収集して終了します)。
  pt-stalk --no-stalk --retention-count=3 --retention-size=100M -- --defaults-file=./my.default.cnf
・PT-1741:新しいMongoDBドライバーへの移行が完了しました。
・PT-1761:テーブルに外部キーがある場合、pt-online-schema-changeはMySQL 8.0.14~8.0.17で
 実行されません。
 重要な注意点:バージョン8.0.14から現在の8.0.17までのMySQLには、テーブルの名前を変更しようと
 すると特定の条件下でMySQLを停止させるというエラーがあります。pt-online-schema-changeの
 最後の手順は、古いテーブルと新しいテーブルを交換するためにテーブルの名前を変更することなので、
 このエラーの条件が満たされた場合にpt-online-schema-changeの実行を防ぐチェックを追加しました。

バグ修正
・PT-1114:テーブルが空の時にpt-table-checksumが失敗しました。
・PT-1344:pt-online-schema-changeは、指定されたポート番号を持つホスト名の検出に
 失敗しました。
・PT-1575:pt-mysql-summaryは、PXC 5.6と5.7のPXCセクションを印刷しませんでした。
・PT-1630:pt-table-checksumがGaleraクラスターで動作できないというリグレッションが
 pt-table-checksumにありました。
・PT-1633:pt-config-diffは、数字を含み K、M、G、または、Tの接尾辞がある変数を誤って
 解析しました。
・PT-1709:pt-upgradeは、無効なMySQLパケットの場合、“Use of uninitialized value in
 concatenation (.) or string”エラーを生成しました。
・PT-1720:pt-pmpは、共通のPT設定ファイルに不明なオプションがある場合、エラーで
 終了しました。
・PT-1728:pt-table-checksumは、頻繁に消去される小さなテーブルのスキャンに失敗しました。
・PT-1734:pt-stalkは、'log_error'に対して厳密ではないマッチングを行ったため、
 より広いフィルタリングが行われました。
・PT-1746:pt-diskstatsは、4.18以降の新しいLinuxカーネルで機能しませんでした。

Percona Toolkit 3.1.0 リリース情報(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/blog/2019/09/13/percona-toolkit-3-1-0-is-now-available/

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ