MySQLニュース

Percona Server for MySQL 8.0.18-9 GA版(リリース日:2019年12月11日)

バグ修正
・slow_query_log_use_global_controlにnone値を設定すると、エラーが発生する。修正されたバグ #5813。
・pam_krb5がユーザーにパスワードの変更を許可し、そのパスワードの有効期限が切れた場合、
 新しいパスワードによりサーバーが終了する可能性がある。修正されたバグ #6023。
・一時テーブルをbinlogに記録する必要がある場合、誤ったアサーションがトリガーされた。
 このイベントはサーバーの終了を引き起こす可能性がある。修正されたバグ #5181。
・ハンドラーがError 1049、SQLSTATE 42000または単純なsqlexceptionでトリガーに失敗した。
 修正されたバグ #6094。(アップストリーム #97682)
・SHOW GLOBAL STATUSを実行すると、変数が誤った値を返す可能性がある。修正されたバグ #5966。
・メモリストレージエンジンは、削除されたレコードによって解放された再利用可能なメモリチャンクが
 スペースに含まれていて、そのスペースが再利用可能であるにもかかわらず、誤ったfullコンディションを
 検出した。修正されたバグ #1469。

その他のバグ修正
#6051、#5876、#5996、#6021、#6052、#4775、#5836 (アップストリーム #96449)、
#6123、#5819、#5836、#6054、#6056、#6058、#6059、#6078、#6057、#6111、#6117、
#6073

Percona Server for MySQL 8.0.18-9 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-server/LATEST/release-notes/Percona-Server-8.0.18-9.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ