MySQLニュース

Percona Server for MySQL 8.0.15-5 GA版(リリース日:2019年3月15日)

バグ修正
・監査ログがISO 8601規格に準拠していないタイムスタンプを生成しました。バグ修正 PS-226。
・バイナリログに書き込まれたFLUSHコマンドはレプリケーション時にエラーを引き起こす可能性が
 ありました。バグ修正 PS-1827(アップストリーム:mysql:#88720)。
・audit_plugiが有効な場合、サーバーが大きなクエリを処理する時に大量のメモリを消費する可能性が
 ありました。バグ修正 PS-5395。
・システムクロックが早い時点に調整されると、ページクリーナーが長時間スリープすることがありました。
 バグ修正 PS-5221(アップストリーム:#93708)
・MyRocksストレージエンジンは、クラッシュリカバリを起動せずクラッシュすることがありました。
 バグ修正 PS-5366。
・ファイルからの読み込みに失敗した時に、InnoDBが関連するエラーメッセージでファイルの名前を
 通知しないことがありました。バグ修正 PS-2455(アップストリーム:#76020)
・information_schema.user_statisticsテーブルのACCESS_DENIEDフィールドが正しく
 更新されませんでした。バグ修正 PS-3956とPS-4996。
・他のトランザクションが特定の状態にある場合、START TRANSACTION WITH CONSISTENT SNAPSHOT
 の実行中にMyRocksがクラッシュすることがありました。バグ修正 PS-4705。
・TTL(Time to Live)がテーブルに定義されていると、MyRocksストレージエンジンを使用する
 サーバーがクラッシュすることがありました。バグ修正 PS-4911。
・MyRocksは、複数のステートメントがロールバックされなければならなかったトランザクションを
 正しく処理しませんでした。バグ修正 PS-5219。
・キーローテーションによるREDOログ暗号化が有効な場合、スタックバッファオーバーランが発生する
 可能性がありました。バグ修正 PS-5305。
・TokuDBストレージエンジンは、jemalloc 5.xで使用されると、ロード時にアサートしました。
 バグ修正 PS-5406。

その他のバグ修正
PS-4106、PS-4107、PS-4108、PS-4121、PS-4474、PS-4640、PS-5055、PS-5218、PS-5263、
PS-5328、PS-5369

Percona Server for MySQL 8.0.15-5 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-server/8.0/release-notes/Percona-Server-8.0.15-5.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ