MySQLニュース

Percona Server for MySQL 8.0.13-4 GA版(リリース日:2019年1月17日)

バグ修正
・1000個を超えるテーブルがある場合、または、割り当てられたInnoDBテーブルIDの最大数が
 1000前後の場合、MySQL 5.7.24-26から8.0.13-3にアップグレードできませんでした。
 バグ修正 #5245。
・SHOW BINLOG EVENTS FROM は、Format_description_log_events内では診断されません。
 バグ修正 #5126(アップストリーム #93544)。
・mysqld_safe.shにタイプミスがありました: trottlingがthrottlingに置き換えられていました。
 バグ修正 #240。
・Percona Server for MySQL 8.0は、--innodb_file_per_table=OFFを使用して
 Percona Server for MySQL 5.7.23からPercona Server for MySQL 8.0.13-3へアップグレード
 している間に“Assertion failure: dict0dict.cc:7451:space_id != SPACE_UNKNOWN”という
 例外でクラッシュすることがありました。バグ修正 #5222。
・DebianまたはUbuntuでは、MySQL 8上にPercona Server for MySQL 8をインストールしようと
 すると、/usr/bin/innochecksumファイルで競合が報告されました。バグ修正 #5225。
・ディクショナリ機能を使用して圧縮されたカラムのデバッグビルド時にout-of-boundの読み込み
 例外が発生する可能性がありました。バグ修正 #5311。
・innodb_data_pending_readsサーバーステータス変数に不正な値が含まれていました。
 バグ修正 #5264。
・圧縮ディクショナリでのメモリリークや不要な割り当てがmysqldumpで発生する可能性がありました。
 バグ修正 #5307。
・圧縮関連のメモリリークがmysqlbinlogで発生する可能性がありました。バグ修正 #5308。

その他のバグ修正
#4797, #5209, #5268, #5270:, #5306, #5309

Percona Server for MySQL 8.0.13-4 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-server/8.0/release-notes/Percona-Server-8.0.13-4.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ