OSSニュース

Percona Server for MySQL 5.7.32-35 GA版(リリース日:2020年11月24日)

新機能
・PS-7238: データマスキングプラグインを5.7にバックポート

バグ修正
・PS-7346: 大規模なクエリの実行時に使用される監査プラグインのバッファ計算を修正
 (PS-5395)。
・PS-7232: レプリカでslave_preserve_commit_orderが有効になっている時に、
 使い果たされたslave_transaction_retriesを修正するために、マルチスレッドレプリカを
 変更(アップストリーム #99440)
・PS-7231: thd->is_error()がtrueの場合にのみmysql_errno()を呼び出すように、
 Slave_transaction::retry_transaction()を変更
・PS-7304: libperconaserverclient20-devの依存関係としてcoredumper.aを含めるように
 パッケージを修正
・PS-7289: innodb暗号化スレッドを255に制限し、最小/最大値を追加
・PS-7270: proxy_protocol_networks=’*’の場合に非プロキシ接続を受け入れるように
 admin_portを修正

Percona Server for MySQL 5.7.32-35 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/release-notes/Percona-Server-5.7.32-35.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ