OSSニュース

Percona Server for MySQL 5.7.31-34 GA版(リリース日:2020年8月24日)

新機能
・PS-7128: RocksDB変数を記録:rocksdb_max_background_compactions、rocksdb_max_background_flushes、rocksdb_max_bottom_pri_background_compactions

改善点
・PS-7132:rocksdb_wal_recovery_modeのデフォルト値をInnoDBと互換性があるようにする
・PS-7199:Coredumper機能を追加
・PS-7114:オペレーターに追加情報を提供するために、クラッシュアーティファクト(コアダンプと
 スタックトレース)を強化

バグ修正
・PS-7203:テーブルを開く時のレプリカでの監査プラグインのメモリリークを修正
・PS-7043:行をNULL行として設定するとともに「const_table」フラグを設定することによって、
 LEFT JOIN条件で使用される定数の等式を修正(アップストリーム #99499)
・PS-7212:ネイティブのJSON比較を行うために、処理をバイナリ比較に変更(アップストリーム #100307)
・PS-7076:tokudb_cardinality_scale_percentの設定後にカーディナリティを更新しないように修正
・PS-7025:バッファリングされたAIO転送のディスパッチにより挿入バッファページの先読みを修正
 (アップストリーム #100086)
・PS-7010:btr_cur_latch_leavesの健全性チェックの前にバッファブロックをロックするように修正
・PS-6995:ユーザーがプライマリキー検索の最適な実行計画を決定するための範囲スキャンのコストを
 削減できるようにするために、新しいオプティマイザースイッチを導入
・PS-5978:mysqld_safeが-numa-interleaveをサポートできるようにするために、変数の不要なチェック
 を削除
・PS-7220:パージコーディネーターとワーカーのアクティビティカウンターの更新を修正
・PS-7234:COPYING.AGPLv3を削除するために、PSの最小tarballを修正
・PS-7204:patchelfの不具合を訂正するためにリンクスクリプトにチェックを追加
・PS-7075:バイナリーtarballに共有ライブラリーとglibcサフィックスを提供
・PS-7062:圧縮され暗号化された一時テーブルのREDOの書き込みをスキップするように
 ALTER INSTANCE ROTATE INNODB MASTER KEYを修正
・PS-5263:THD::send_statement_statusのアサートを修正するために、thd->clear_error()の
 後にmy_ok(thd)を設定するようにhandle_binlog_flush_or_sync_error()を更新
 (アップストリーム #93770)
・PS-4530:ps-adminがTokuDBのアンインストール時にjemallocとTHPの設定を削除するという記録を追加

Percona Server for MySQL 5.7.31-34 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/release-notes/Percona-Server-5.7.31-34.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ