OSSニュース

Percona Server for MySQL 5.6.48-88.0 GA版(リリース日:2020年5月13日)

改善点
・PS-5391:RedHatベースのディストリビューションは、‘/etc/sysconfig’ディレクトリに保存された
 ファイルにサービス構成を設定する場合があります。initスクリプトは、そのディレクトリ内のファイルを
 読み取りませんでした。init.dスクリプトが‘etc/sysconfig’ディレクトリ内のファイルを読み取る機能を
 追加しました。

バグ修正
・PS-6953:LOAD DATAプロセスがエスケープ文字とそれに続くUTF8文字を含む行を見つけた場合、
 その後プロセスはその行と追加行の読み込みに失敗しました。この問題はリグレッションでした。
 (アップストリーム#98089)
・PS-6945:tokubackupプロセスが誤ったAPIをエクスポートしました。このAPIの不一致により、
 大きなファイルのバックアップができませんでした。
・PS-6946:アドレスとスレッドのサニタイザーは、tokubackupソフトウェアで解放後のメモリ使用と
 その他の問題を発見しました。
・PS-7020:Ubuntu 20.04では、python3-mysqldbのみが利用可能です。Python2とPython3の両方を
 サポートするために、MTRテストを変換しました。そのスクリプトにはPython2.6以降が必要です。
・PS-6954:tokudb-backup-pluginでは、-std=c++11と-std=gnu++03の間に衝突がありました。
・PS-6899:2020-01-01が将来の時間と見なされたため、テスト main.events_bugsとmain.events_1
 が失敗しました。(アップストリーム#98860)
・PS-6110:libHotBackup.soがPercona-Server-5.6.46-rel86.2-Linux.x86_64.ssl101.tar.gzに
 ありませんでした。
・PS-4649:TokuDB:フラクタルツリーインデックスであるPerconaFTのドキュメント化。
 このタイプのインデックス作成は、Bツリーのデータ構造を強化します。
・PS-6966:Percona Serverのコンパイルで、clang-10コンパイルの問題を修正。
 (アップストリーム#99221)

Percona Server For MySQL 5.6.48-88.0 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/release-notes/Percona-Server-5.6.48-88.0.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ