MySQLニュース

Percona Server for MySQL 5.6.44-85.0 GA版(リリース日:2019年5月17日)

新機能
・新しいAudit_log_buffer_size_overflowステータス変数は、監査ログプラグインエントリがそのサイズが
 audit_log_buffer_size変数より大きいことが原因でいつ削除されたのか、いつファイルに直接書き込まれた
 のかを追跡するために実装されました。

バグ修正
・TokuDBストレージエンジンは、jemalloc 5.xと併用すると、ロード時にアサートします。
 バグ修正 #5406。
・バイナリログに書き込まれたFLUSHコマンドはレプリケーション時にエラーを引き起こす可能性が
 ありました。バグ修正 #1827(アップストリーム #88720)。
・TokuDBストレージエンジンはDockerイメージでは有効にならなかった。バグ修正 #5283。
・information_schema.user_statisticsテーブルのACCESS_DENIEDフィールドが正しく更新されません
 でした。バグ修正 #3956、#4996。
・percona-server-server-5.6パッケージのpostinstメンテナンススクリプトはパスワードを適切に
 エスケープせず、結果としてそれを使用することができなかった。バグ修正 #4572。
・システムクロックが早めの時間に調整されると、ページクリーナーが長時間スリープ状態になることが
 ありました。バグ修正 #5221(アップストリーム #93708)。
・無効な位置からSHOW BINLOG EVENTを実行すると、32bitのマシンでセグメンテーション違反が
 発生する結果となる可能性がありました。バグ修正 #5243。
・Blackholeテーブルを持つデータベースがレプリケーションチェーンの中間バイナリログサーバーとして
 機能する場合、バイナリログ内のBLOBエントリが破損する可能性がありました。バグ修正 #5353
 (アップストリーム #93917)。
・Audit Log Pluginが有効になっていると、サーバーは大きなクエリを処理する際に大量のメモリを
 使用する可能性がありました。バグ修正 #5395。
・PerconaFTロックツリーライブラリはApache v2ライセンスのライセンスを再び受けました。
 バグ修正 #5501。

その他のバグ修正
#5512、#5550、#5578、#5388 (アップストリーム #94121)、#5441。

Percona 5.6.44-85.0 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/release-notes/Percona-Server-5.6.44-85.0.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ