MySQLニュース

Percona Server 5.7.20-19がリリースされました

オリジナル版:
https://www.percona.com/doc/percona-server/LATEST/release-notes/Percona-Server-5.7.20-19.html

2018年1月3日に、Percona Server 5.7.20-19がリリースされました。
同製品は、Percona Server 5.7のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。

New Feature(新機能)

* Now MyRocks Storage Engine has General Availability status.

  MyRocksストレージエンジンがGAステータスになりました。
  
* Binary log encryption has been implemented and can be now switched on using the encrypt_binlog variable.

  バイナリログの暗号化機能が追加されました。encrypt_binlog変数を使うことで有効にできます。

* innodb_print_lock_wait_timeout_info variable, introduced in previous release, but undocumented, allows
  to log information about all lock wait timeout errors.

  全てのロック待ちタイムアウトエラーの情報をログに記録する innodb_print_lock_wait_timeout_info 変数が
  前のバージョンで実装されていましたが、リリースノートに記載漏れしていました。

Bugs Fixed(バグの修正)

* Intermediary slave with Blackhole storage engine couldn’t record updates from master to its own binary log
  in case master has binlog_rows_query_log_events option enabled. Bug fixed #1722789 (upstream #88057).

  マスタでbinlog_rows_query_log_eventsが有効になっている場合、Blackholeストレージエンジンを使った中間
  スレーブがマスタからの更新内容を自身のバイナリログに反映できない不具合を修正しました。

* Help command command in the mysql command line client provided a link to an older version of the 
  Percona Server manual. Bug fixed #1708073.

  MySQLクライアントのHelpコマンドで表示されるリンクが古いバージョンのマニュアルになっていた不具合を
  修正しました。

* A regression in the mysqld_safe script forced it to print an extra error when stopping the MySQL service. 
  Bugs fixed #1738742.

  MySQLのサービスを停止させた時に余計なエラーが出力されるmysqld_safeスクリプトのリグレッションを
  修正しました。

* Heartbeats received by slave were reacted with mysql.slave_master_info table sync on each of them even 
  with sync_master_info set to zero, causing huge increase in write load. Bug fixed #1708033 (upstream #85158).

  sync_master_info変数が"0"に設定されていても、スレーブから受け取ったハートビートがmysql.slave_master_info
  テーブルの同期を伴うため、巨大な書き込み負荷を発生させてしまう不具合を修正しました


MyRocks Changes(MyRocksの変更)

* The replication writebatch functionality has been removed from Percona Server 5.7 due to unsafety of 
  the current implementation.

  レプリケーションの writebatch 機能は安全性が低いため、5.7から削除されました。

* Variables rocksdb_block_cachecompressed_hit, rocksdb_block_cachecompressed_miss, and 
  rocksdb_getupdatessince_calls were renamed to rocksdb_block_cache_compressed_hit, 
  rocksdb_block_cache_compressed_miss, and rocksdb_get_updates_since_calls respectively.

  上記の変数名が変更となりました。
  

Percona Server 5.7.20-19 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-server/LATEST/release-notes/Percona-Server-5.7.20-19.html

Percona Server 5.7は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona Server」の最新の開発バージョンです。Percona Server 5.6の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.7の機能も備えています。

Percona Server 5.7には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.7にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・インデックス毎、ユーザ毎といった細かな統計情報
・高性能フラッシュストレージとの親和性強化
・PAM認証、監査ログ、スレッドプールなどの実装
・高性能なストレージエンジンの実装
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona Server 5.7には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona Server 5.7をインストール、または利用中のPercona ServerからPercona Server 5.7にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.7/index.html#installation

下記のダウンロードページから、Percona Serverのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-Server-5.7/LATEST/

以上

ページトップへ