MySQLニュース

Percona Server 5.6.38-83.0がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/release-notes/Percona-Server-5.6.38-83.0.html

2017年12月8日に、Percona Server 5.6.38-83.0がリリースされました。同製品は、Percona Server 5.6のGeneral Availability版(一般公開版)の最新バージョンとなります。

New Feature(新機能)

* Percona Server has implemented InnoDB Page Fragmentation Counters.

  Percona Serverに、新しく「InnoDBページ断片化カウンタ」機能が追加されました。

* Percona Server has implemented support for Multiple page asynchronous I/O requests. 
  This feature was ported from a Facebook MySQL patch.

  Percona Serverに、新しく「複数ページの非同期I/Oリクエスト」機能が追加されました。
  これはFacebook社の提供するMySQLパッチから導入したものです。

* Percona Server has implemented TokuDB integration with PERFORMANCE_SCHEMA.

  パフォーマンススキーマにTokuDBの情報が統合されました。

* Percona Server packages are now available for Ubuntu 17.10 (Artful).

  Percona Serverのパッケージが Ubuntu 17.10 (Artful)でも利用できるようになりました。


Bugs Fixed(バグの修正)

* Dynamic row format feature to support BLOB/VARCHAR in MEMORY tables requires all 
  the key columns to come before any BLOB columns. This requirement however was not 
  enforced, allowing creating MEMORY tables in unsupported column configurations, 
  which then crashed or lose data in usage. Bug fixed #1731483.

  ROW_FORMAT=DYNAMICを設定時、MEMORYエンジンのテーブルはBLOB/VARCHARカラムをサポート
  するためにBLOBカラム全てにインデックスを必要としていました。しかし、この制限事項が
  強制されるものではなかったため、MEMORYテーブルでクラッシュやデータ喪失につながり得る
  テーブルスキーマが許されてしまっていました。

* If an I/O syscall returned an error during the server shutdown with Thread Pool enabled,
  a mutex could be left locked. Bug fixed #1702330 (Daniel Black).

  スレッドプール有効時、シャットダウン中にI/Oシステムコールがエラーを
  返した場合 mutexロックが残ってしまう不具合を修正しました。

* After fixing bug #1668602, bug #1539504, and bug #1313901, CREATE/DROP TEMPORARY TABLE 
  statements were forbidden incorrectly in transactional contexts, including function and
  trigger calls, even when they required no binary logging at all. Bug fixed #1711781.

  上記3件のバグ修正後、CREATE/DROP TEMPORARY TABLE文が正しいトランザクションであっても
  誤って禁止されるようになっていました(バイナリロギングを一切必要としないような
  トリガーをコールするファンクションなど)

* Running ANALYZE TABLE while a long-running query is accessing the same table in parallel 
  could lead to a situation where new queries on the same table are blocked in a Waiting 
  for table flush state. Fixed by stopping ANALYZE TABLE flushing affected InnoDB and 
  TokuDB tables from the table definition cache. Bug fixed #1704195 (upstream #87065).

  同じテーブルに対し長時間のクエリが実行されている最中にANALYZE TABLEを実行すると、
  後続の新クエリが"Waiting for table flush state"のステータスでブロックされてしまう
  ことがありました。ANALYZE TABLEがInnoDBとTokuDBに対して実行された場合、テーブル定義
  キャッシュをフラッシュするのをやめることで修正されています。
  

* MyRocks additions to the 5.6 mysqldump output have been removed.

  MyRocksテーブルが、Percona Server 5.6のmysqldumpのサポート対象から除外されました。

* CREATE TABLE ... LIKE ... did not use source row_format on target TokuDB table. Bug fixed #76.

  CREATE TABLE ... LIKE文が、対象のTokuDBテーブルのROW_FORMATを使用していませんでした。


Percona Server 5.6.38-83.0 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/release-notes/Percona-Server-5.6.38-83.0.html

Percona Server 5.6は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona Server」の最新の開発バージョンです。Percona Server 5.5の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.6の機能も備えています。

Percona Server 5.6には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.6にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・インデックス毎、ユーザ毎といった細かな統計情報
・高性能フラッシュストレージとの親和性強化
・PAM認証、監査ログ、スレッドプールなどの実装
・高性能なストレージエンジンの実装
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona Server 5.6には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona Server 5.6をインストール、または利用中のPercona ServerからPercona Server 5.6にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.6/index.html#installation

下記のダウンロードページから、Percona Serverのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-Server-5.6/LATEST/

以上

ページトップへ