MySQLニュース

Percona Server 5.5.61-38.13がリリースされました

オリジナル版:https://www.percona.com/doc/percona-server/5.5/release-notes/Percona-Server-5.5.61-38.13.html

2018年8月17日に、Percona Server 5.5.61-38.13がリリースされました。同製品は、General Availability(GA版)となります。

 
Bugs Fixed(バグ修正)

* The --innodb-optimize-keys option of the mysqldump utility fails when 
  a dumped table has two columns such that the name of one of them contains 
  the other as a prefix and is defined with the AUTO_INCREMENT attribute. 
  Bug fixed #4524.

  他のカラムとprefixが同じカラムと、AUTO_INCREMENT属性が定義されたカラムの
  2つを含むテーブルに対してmysqldumpコマンドを実行する時、--innodb-optimize-keys
  オプションをつけるとエラーが発生する不具合を修正しました。

Other Bugs Fixed(細かなバグ修正)

* #4566 “stack-use-after-scope in reinit_io_cache()” (upstream #91603)
* #4581 “stack-use-after-scope in _db_enter_() / mysql_select_db()” (upstream #91604)
* #4600 “stack-use-after-scope in _db_enter_() / get_upgrade_info_file_name()” (upstream #91617)
* #3976 “Errors in MTR tests main.variables-big, main.information_schema-big, innodb.innodb_bug14676111”

Percona Server 5.5.61-38.13 の変更点を全て確認したい場合は、以下の Release notes を参照して下さい。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.5/release-notes/Percona-Server-5.5.61-38.13.html

Percona Server 5.5は、MySQL互換の高性能オープンソースデータベースとして注目されている「Percona Server」の開発バージョンです。Percona Server 5.1の後継バージョンにあたり、様々な機能や特徴があります。また、MySQL5.1の機能も備えています。

Percona Server 5.5には、以下のような特徴があります。

・MySQL5.1にはない、サーバ変数やパラメータ変数の追加
・information_schemaの拡張
・高性能フラッシュストレージとの親和性強化
・Special Utility Userの実装
・高性能なストレージエンジンの実装
・その他、全体的なパフォーマンスの強化(オプティマイザ、スケーラビリティなど)

Percona Server 5.5には、上記以外にも様々な特徴があります。詳細については、下記URLを参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.5/feature_comparison.html

新たなサーバにPercona Server 5.5をインストール、または利用中のPercona ServerからPercona Server 5.5にアップグレードする際の情報については、以下を参照してください。
https://www.percona.com/doc/percona-server/5.5/index.html#installation

下記のダウンロードページから、Percona Serverのソースコード及び多数のプラットフォーム用バイナリが入手可能です。
https://www.percona.com/downloads/Percona-Server-5.5/LATEST/

以上

ページトップへ