OSSニュース

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.7.0(リリース日:2020年6月9日)

新機能
・PMM-5257、PMM-5256、PMM-5243:
 MongoDBインスタンス、PostgreSQLインスタンス、ProxySQLインスタンスに接続するための
 UNIXソケットパスを指定するpmm-adminソケットオプション(-socket)。

改善点
・PMM-2244:'pmm-admin status'コマンドの出力にpmm-adminとpmm-agentの両方のバージョンが
 表示されます。
・PMM-5968:APIを介したPMMサーバーノードまたはエージェントの削除を許可しません。
・PMM-5946:サービス名のMySQLテーブル詳細ダッシュボードフィルターは、データのないサービスを
 表示しないようにします。
・PMM-5926:pmm-admin statusコマンドでPMMエージェントのバージョンを公開。
・PMM-5891:PMMホームページにニュースパネルを追加。
・PMM-5906:PMMコンポーネントの独立した更新が無効化されました。

バグ修正
・PMM-6004:MySQLエクスポーターがクラスタステータス(wsrep_cluster_status)の誤った値を
 報告します。
・PMM-4547:MongoDBダッシュボードのレプリケーションラグカウントが正しくありません。
・PMM-5524:Prometheusアラートルールの変更は、有効にするために、Dockerを再起動する必要が
 あります。
・PMM-5949:QANからAdd Instance(インスタンスの追加)ページに移動する時に不要なフィルター
 が適用されます。
・PMM-5870:MySQLテーブル詳細ダッシュボードにテーブルの個別のサービス名が表示されません。
・PMM-5839:クエリ時間とブロック読み取り/書き込み時間の間のPostgreSQLメトリックの差異。
・PMM-5348:Inventoryページにはアクセスできないタブがあり、アクセスするためには再読み込みが
 必要です。
・PMM-5348:不正アクセス制御の脆弱性をgrafanaをv6.7.4にアップグレードすることによって修正
 (CVE-2020-13379)。

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.7.0 リリース情報(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-monitoring-and-management/2.x/release-notes/2.7.0.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ