MySQLニュース

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.2.2(リリース日:2020年2月4日)

注意
PMM2は、新規インストールとして使用するように設計されていますので、
既存のPMM1の環境をこのバージョンにアップグレードしないでください。

改善点と新機能
・PMM-5321:PostgreSQLクエリのQuery Analyticsパーサーコードの最適化により、メモリリソースの
 消費を1~5%削減し、個々のクエリの解析時間を30~40%削減できました。
・PMM-5184:pmm-admin summaryコマンドに新しい--skip-serverフラグが追加され、これにより、
 ローカル専用モードで動作するようになり、PMMサーバーに接続せずにサマリーファイルが作成されます。

バグ修正
・PMM-5340:PrometheusダッシュボードのScraping Time Driftグラフは、実際のメトリクスの解像度が
 考慮されていなかったために、誤った値を表示していました。
・PMM-5060:表示するクエリの数が11の場合、Qery Analyticsダッシュボードは最初のページの最後の
 クエリの行を表示しませんでした。

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.2.2 リリース情報(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-monitoring-and-management/2.x/release-notes/2.2.2.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ