MySQLニュース

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.2.1(リリース日:2020年1月23日)

注意
PMM 2は、新規インストールとして使用するように設計されていますので、
既存のPMM 1の環境をこのバージョンにアップグレードしないでください。

改善点と新機能
・PMM-5229:Prometheus Exporter Statusダッシュボードに追加された新しいRDS Exporter
 セクションには、rds_exporterに関連するシングルスタットとチャートが表示されます。
・PMM-5228とPMM-5238:PrometheusダッシュボードとExporters Overviewダッシュボードが
 更新され、それらのチャートにrds_exporterメトリックが含まれるようになり、RDSインスタンス
 のモニタリングの影響をよりよく理解できるようになりました。
・PMM-4830:Query AnalyticsダッシュボードとOverviewダッシュボードの間に適用される
 フィルターの一貫性が実装され、QANで選択されたフィルターは、Servicesメニューで利用可能な
 Overviewダッシュボードのフィルターへの切り替え後も引き続きアクティブになります。
・PMM-5235:Homeダッシュボードのノード行のDB使用可能時間のシングルスタットは、一番上の
 行と一致するように平均値ではなく最小値を表示するように変更されました。
・PMM-5127:Query Analyticsダッシュボードの“Search by”バーの名前は、その目的をより明確に
 するために“Filter by”に変更されました。
・PMM-5131:Query AnalyticsダッシュボードのFilterパネルには、“See all”リンク内の使用可能な
 ラベルの合計数が表示されます。これは、Filterパネルセクションにラベルの上位5つのみが
 表示される場合に表示されます。

バグ修正
・PMM-5232:PMMサーバー2.2.0のpmm管理コンポーネントはDoS攻撃に対して脆弱です。DoS攻撃は、
 PMMサーバーのIPアドレスを知っている人なら誰でも実行できます(CVE-2020-7920)。2.2.0以外の
 バージョンは影響を受けません。
・PMM-5226:handlebarsパッケージは、その中のプロトタイプ汚染の脆弱性(CVE-2019-19919)のため、
 バージョン4.5.3に更新されました。handlebarsパッケージはビルドの依存関係としてのみ使用されるため、
 PMMバージョンはこの脆弱性の影響を受けませんでした。
・PMM-5206:Settingsダッシュボードに切り替えると、Homeダッシュボードの一部の要素の視覚スタイルが
 壊れていた。
・PMM-5139:ルートから開始した1つのセッション内で訪問されたすべてのダッシュボードを表示する
 ブレッドクラムパネルは、1行より長いブレッドクラムを完全に表示できませんでした。
・PMM-5212:PMM SettingsダッシュボードのDiagnosticセクションのDownload PMM Server Logsボタンに
 説明テキストが追加され、ログの以前のダウンロード場所であったPrometheusダッシュボードにリンクが
 追加されました。
・PMM-5215:不要なmariadb-libsパッケージがPMM Server 2.2.0 OVFイメージから削除されました。
 その結果、yum updateコマンドによる更新が高速になり、更新ログの依存関係の競合メッセージが
 回避されるようになりました。
・PMM-5216:PMMサーバーを2.2.0にアップグレードすると、更新されたバージョンの使用を開始するために
 クリックしなければならないRefreshボタンのあるGrafana Update Errorページが表示されていました。
・PMM-5211:Add AWS RDS MySQLまたはAurora MySQLインスタンスダイアログの
 “Where do I get the security credentials for my Amazon RDS DB instance”リンクが
 適切な指示を対象としていませんでした。
・PMM-5217:PMM2.x OVFイメージのメモリサイズは、1Gbスワップスペースの追加により1Gbから4Gbに
 増加しました。これは、以前の量ではPMMサーバーがほとんど格納されず、アップグレードの実行などの
 場合には不十分だったためです。
・PMM-5271:LVM論理ボリュームのサイズがAWSデプロイメントで誤って変更され、
 “no space left on device”エラーが発生しました。
・PMM-5295:MySQL InnoDB DetailsダッシュボードのInnodb Transaction Rollback Rateの値が誤って
 計算されました。
・PMM-5270:PXC/Galera Cluster Summaryダッシュボードに空のClusterドロップダウンリストが
 表示され、クラスター名を選択できませんでした。
・PMM-4769:Network Detailsダッシュボードの間違った名前の“Timeout value used for retransmitting”
 シングルスタットが“The algorithm used to determine the timeout value”に名前が変更され、
 デジタルコードの代わりにアルゴリズム名を表示するように更新されました。
・PMM-5260:Query Analytics for PostgreSQLの場合、pmm-agentによる大量のリソース消費が
 発生しました。これはコードの最適化により修正され、メモリ使用量が約4分の1になりました。
・PMM-5261:CPU使用率チャートを含むすべてのダッシュボードのCPU使用率チャートは、softIRQ直線と
 Steal曲線を区別しやすくするために色が更新されました。
・PMM-5244:多数のエージェントが同時にデータを送信するPMMサーバーでの高いメモリ消費は、
 ClickHouseデータベースへのバルクデータ挿入を改善することにより修正されました。

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.2.1 リリース情報(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-monitoring-and-management/2.x/release-notes/2.2.1.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ