OSSニュース

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.16.0(リリース日:2021年4月15日)

リリースハイライト

・Amazon RDS PostgreSQLの監視
PMMでのAWS監視は、PostgreSQL RDSタイプおよびPostgreSQL Auroraタイプをカバーするようになりました。PMMは、それらが追加されることが可能なDiscovery UIにそれらを含めます。これにより、ノード関連のメトリックとPostgreSQLデータベースのパフォーマンスメトリックが得られます。このリリース以前は、これはAmazon RDSのMySQL関連のインスタンスに対してのみ利用可能でした。

・Azure Discoveryとノードメトリックの抽出
テクニカルプレビュー:PMMは、AWSのDatabase as a Service(DBaaS)(MySQLまたはPostgreSQL上のRDS/Aurora)と同じレベルのMicrosoft Azure Database as a Service(DBaaS)をサポートします。ノードレベルの監視を備えたPMMによる監視用のAzureデータベースを簡単に検出して追加できます。この機能は、PMM設定ページで明示的にアクティブ化した場合にのみ使用できます。非アクティブ化すると、追加されたサービスは監視から削除されませんが、新しいMicrosoft Azureサービスを検出して追加する機能は非表示になります。
(我々はできるだけ早くこれをリリースしてユーザーからのフィードバックを得たいので、これは機能のテクニカルプレビューです。この機能をよりAPIとリソースに関してより効率的にするために、この機能に関してさらに多くの作業を行う予定です。)

・セキュリティ脅威ツールのスケジューリング - 実行と実行間隔の管理
セキュリティ脅威ツールのユーザーは、チェックのグループのセキュリティチェックの実行時間間隔を制御したり、グループ間でチェックを移動したり、必要に応じて個々のチェックを無効にしたりできるようになりました。

・pg_stat_monitor 0.8のサポート
pg_stat_monitorプラグイン v0.8.0との互換性が追加されました。これは、PMMのプラグインの新機能をまだ公開していませんが、クエリ分析メトリックがプラグインのバージョン0.6.0と同じ程度に収集されることを保証します。

・テクニカルプレビュー機能の一貫したサポート
PMM設定ページを作り直して、テクニカルプレビューと一般提供(GA)の機能を明確にし、テクニカルプレビュー機能のアクティブ化/非アクティブ化を簡素化しました。また、テクニカルプレビューとは何かについてのより良い定義を提供しています。

・GrafanaダッシュボードからのPMMの設定およびその他のサービスページの移行
PMM設定ページおよびその他のいくつか(インスタンスとインベントリの追加を含む)は、Grafanaページに変換されており、ダッシュボードとして表示されなくなります。さらに、メニューをサイドバーナビゲーションに移動して、以前のメニュー構造と比較して一貫性と柔軟性を高めています。

・統合アラートの改善
機能の使用を簡素化するために、PMMの統合アラート機能の次の段階の改善をリリースしました。改善とともに、機能の既知のバグを修正し続けます。

・[DBaaS] リソースの計画と予測(リソース計算機)
テクニカルプレビュー:DBクラスタの作成中に、ユーザーは、このクラスタが全てのコンポーネントで消費するリソースの予測と、K8sの現在の合計リソースと使用可能なリソースを確認できます。ユーザーは、DBクラスタを作成しようとすると、K8sで使用可能なリソースが原因で失敗する可能性があることを警告されます。

・[DBaaS] PSMDB 1.7.0オペレーターのサポート
PMMのDBaaSは、MongoDBクラスタを作成するために、最近リリースされたPercona Kubernetes Operator for Percona Server for MongoDB 1.7.0を使用します。

新機能
・PMM-7313、PMM-7610:PostgreSQLおよびRDSのノードメトリックを収集してAmazon RDS PostgreSQLインスタンスを検出および監視する機能。
・PMM-7345:PMMで監視されているPostgreSQLサーバーで使用可能な全てのデータベースのメトリックを公開します。
・PMM-7344:postgres_exporterのバージョンを0.4.6から0.8.0に更新します。
・PMM-7767、PMM-7696:Microsoft Azureの監視を有効にする機能フラグを実装します。ユーザーは、コンテナの作成中にUIを使用するか、環境変数(ENABLE_AZUREDISCOVER=1)を設定できます。
・PMM-7684、PMM-7498:提供されたアカウントで実行中およびサポートされているMicrosoft Azureデータベースインスタンスを検出する機能。
・PMM-7678、PMM-7679、PMM-7676、PMM-7499、PMM-7691:azure_exporterを準備、変更、使用して、ノード関連のメトリックを収集します。
・PMM-7681:ノード/OS関連のダッシュボードでMicrosoft Azureメトリックを使用して、パネルにメトリックを表示します。
・PMM-7339:セキュリティ脅威ツール:セキュリティチェックを個別にオンデマンドで実行する機能。
・PMM-7451、PMM-7337:セキュリティ脅威ツール:PMM設定ページでセキュリティチェックの間隔を変更する機能。
・PMM-7772、PMM-7338:セキュリティ脅威ツール:チェックごとにデフォルトの実行間隔を変更する機能。
・PMM-7336:セキュリティ脅威ツール:属している実行間隔に基づいてチェックを実行します。
・PMM-7335:セキュリティ脅威ツール:事前定義された実行間隔でセキュリティチェックファイルを送ります。
・PMM-7748:左側のパネルにダッシュボード用の実験メニューを追加します。
・PMM-7688:設定、インスタンスの追加など、全てのPMM固有ページのUXとレイアウトを統一します。
・PMM-7687:ダッシュボードのURLを変更した後、両方のメニューが期待どおりに機能するように、メニューにあるリンクを変更します。
・PMM-7705:テクニカルプレビューでの機能の表示を簡素化して、機能とその現在の状態を簡単に識別できるようにします。
・PMM-7522、PMM-7511:統合アラート:通知リストのページ付けによる通知チャネルのUXの改善。
・PMM-7521、PMM-7510:統合アラート:ルールテンプレートリストのページ付けによるアラートルールテンプレートのUXの改善。
・PMM-7652、PMM-7674、PMM-7503、PMM-7486:DBaaS:DBクラスタの作成中に、ディスク、CPUとメモリなど、K8sクラスタ内の全ての利用可能なリソースを確認します。
・PMM-7508、PMM-7488:DBaaS:選択したDBクラスタ構成の予測されるリソース使用量を参照します。
・PMM-7364:DBaaS:要求された構成でDBクラスタを作成するのに十分なリソースがK8sクラスタにない場合、クラスタの作成を開始する前に警告を表示します。
・PMM-7580、PMM-7359:DBaaS:ユーザーは、DBクラスタの作成中に使用するデータベースのバージョンを選択できます。

改善点
・PMM-7506:セキュリティ脅威ツール:パスワードなしでPXCで自動的に作成されたがログインには使用できないロールによる誤検知を減らします。
・PMM-7569:PMMにpg_stat_monitor 0.8リリースとの互換性を持たせます。
・PMM-7571:PMMサーバUIからのPerconaプラットフォームアカウント登録フローを変更しました。
・PMM-7513:統合アラート:アラートルールの作成中にデフォルト値と閾値を表示する機能。
・PMM-7461:統合アラート:テーブルの表示のUXとUIへの読み込みを改善。
・PMM-7375:統合アラート:編集中のテンプレートについてユーザーに通知し、その制限について警告します。
・PMM-7260:統合アラート:どのルールが編集されているのかを明確にします。

修正されたバグ
・PMM-7131、PMM-7555:QAN for PostgreSQLは、ユーザー名と同じ名前のデータベースに接続しようとします。
・PMM-7481:クエリ分析がプロファイルセクションに「エラーのあるクエリ」を表示しません。
・PMM-7464:NGINXの設定ミスにより、プッシュモードでログストームが発生します。
・PMM-7434:統合アラート:アラートルールの追加/更新中に不明なパラメーター[threshold]エラーが発生しました。
・PMM-7231:統合アラート:チャネルを無効にしても何も起こりません。
・PMM-7379:統合アラート:APIを介してアラートルール名を編集できません。
・PMM-7232:統合アラート:IAを無効にしても、ルールの評価と通知の送信が無効になりません。
・PMM-7119:統合アラート:アラートルールテンプレートの追加/更新に関するエラー通知の更新 - すでに使用されている名前で新しいルールテンプレートを追加しようとすると、一貫性のない動作が発生しました。
・PMM-7543:統合アラート:タブをもう一度クリックすると、選択したセクションがブレッドクラムから消えます。
・PMM-7766:DBaaS:PMMアップグレードにより、DBaaSの認証情報のgetメソッドが中断されます。
・PMM-7351:DBaaS:Safariは、[クラスタの作成]ダイアログのカスタムオプションとして浮動小数点数を受け入れません。
・PMM-7701:DBaaS:シークレットの特殊文字が原因でPSMDBクラスタが初期化でスタックしました。

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.16.0 リリース情報(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-monitoring-and-management/2.x/release-notes/2.16.0.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ