OSSニュース

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.15.1(リリース日:2021年3月18日)

リリースハイライト
このパッチリリースは、他の小さな修正とともに、システムで発見されたパフォーマンスの問題を修正します。

修正されたバグ
・PMM-7635: 「プッシュ」モードで多数のサービスが動作している状態でDockerの交換により2.15.0に
 アップグレードした後のGrafanaサーバーによる高いCPU消費を修正。
・PMM-7713: 「プル」モードで多数のサービスが動作している状態でDockerの交換により2.15.0に
 アップグレードした後のVictoriaMetricsによる高いCPUとメモリの消費を修正。
・PMM-7470: MongoDBエクスポーターIndexStatsCollectionsには、間違ったフラグから値が割り当て
 られます。(2.15.0を対象としていますが、マージカットオフがないため省略されています)
・PMM-1531: MySQL 8の情報スキーマテーブルの名前が変更されたため、メトリックが収集されません。

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.15.1 リリース情報(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-monitoring-and-management/2.x/release-notes/2.15.1.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ