OSSニュース

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.15.0(リリース日:2021年3月1日)

リリースハイライト
●PMM 1 対 2つのパリティ
 監視にノード/サービスを追加中にコレクターを無効にする

 この機能を使用すると、ユーザーはPMMがメトリックを取得するために使用するコレクターを無効にできます。メトリックを収集できない場合、または、メトリックが不要になった場合、コレクターを無効にすることで、PMMがログをフラッディングするのを防ぎ、インフラストラクチャリソースを節約します。

 PMMコレクターに対する私たちのビジョンは、ユーザー環境への可能性のある危害を防ぐために「収集の停止」機能を提供することです。この「無効化」機能は、理想的な機能性に向けた最初のステップです。「収集するメトリックと解像度」の完全で柔軟な管理は、将来のリリースで予定されています。

 外部サービスの監視

 PMM v1.4.0以降、ユーザーはPerconaが現在サポートしていない外部サービス(Redisなど)を監視することができました。2018年のこのブログ記事で、当時の外部サービスの監視について詳しく説明しています。(当時、PerconaはPostgreSQL監視サービスをネイティブにサポートしていなかったため、これは外部サービスとしてリストされていました。現在、PostgreSQLはPMMによってネイティブにサポートされています。)

 これまで、PMM v2.xは外部サービスの監視をサポートしていませんでした。このリリースでは、PMMサービスによってネイティブにサポートされていないものは全て、外部サービスの監視でサポートされるようになります。https://prometheus.io/docs/instrumenting/exporters/で使用できるエクスポーターのリストを確認できます。ネイティブにサポートされるサービスは、拡張された一連のメトリックと洞察を提供し続けます。

 システムの要約情報を提供する(pt-*-summaryアクション)

 PMM 2にpt-*-summaryが追加されたことにより、ユーザーはPMMのダッシュボードでサービスとノードに関する要約情報を表示できるようになりました。この要約情報は、このデータの移植性を簡素化するために、業界で一般的な形式のpt-*-summaryツール出力です。この形式は、問題の調査を簡素化するために、Perconaサポートと共有されるダッシュボードのスナップショットにも保持されます。

 注意:pt-*-summaryには、次の形式が含まれます。
  ・pt-mysql-summary
  ・pt-mongodb-summary
  ・pt-pg-summary
  ・pt-summary

●PMMによるHAProxyのサポート
 ユーザーは、PMM2で監視するためのHAProxyサービスを追加できます。PMMでのそれらのサポートレベルはProxySQLの場合と同じであるため、インベントリとダッシュボードに表示されます。これにより、HA構成でHAProxyを使用するユーザーは、このコンポーネントをPMMで監視することもできます。将来のリリースでは、PMMはデフォルトでDBaaS機能にHAProxyの使用を開始し、HAProxyの監視にもこの機能を使用する予定です。

●DBaaSプレビューの改善(テクニカルプレビュー)
 これから、DBaaSでいくつかの操作を実行する時にシステムが行う内部手順の進行状況を確認できるようになります。Progress Bar(プログレスバー)は時間に関連せず、手順のみを表示します。プログレスバーのコンポーネントは、K8s/Operator関連のエラーもユーザーに反映するため、エラーが発生した場合は、UIにエラーテキストが表示され、エラーを確認するためにK8sツールを使用する必要はありません。同じUIを使用すると、K8sからの最新のログを確認できるため、エラーが発生した理由に関する詳細情報も入手できます。

 既知の制限:プログレスバーは削除操作に関する貴重な情報を提供しません(Operators TeamでAPIを変更する時の今後のバージョンで提供する予定)。Operation of DB Cluster Modification(DBクラスタ変更の操作)は"奇妙な"動作をし、手順のゼロではない値から変更を開始します 。(これはAPIの変更後に変更されます。)

新機能
・PMM-4172, PMM-4306, PMM-5784, PMM-7177: サービスとノード要約の表示。
 (APIおよびダッシュボードでの)pt-mysql-summary、pt-mongodb-summary、
 pt-pg-summary出力を使用して、データベースとノードのステータスに関する情報を表示します。
・PMM-7123: PMMサーバーのUIを介して外部サービスを追加する機能。
・PMM-6711: 外部サービスでの作業を簡単にするために、pmm-adminインベントリコマンドに
 external-groupフラグを追加します。
・PMM-7405: 外部サービスを監視に追加する時に接続応答形式を確認する。
・PMM-6797: HAProxy監視: pmm-admin [inventory] add [service] haproxyコマンドを使用して
 HAProxyサービスを追加する機能。
・PMM-7487: HAProxy監視: 監視用にHAProxyサービスを追加する時にHAProxyサービスへの接続を
 確認する。
・PMM-7496: HAProxy監視: 新しいHAProxy PXCダッシュボード。
・PMM-6943: HAProxy監視: PMMインベントリにHAProxyタイプのサービスを表示する。
・PMM-6924: 統合アラート: Grafanaダッシュボードページと同様にダッシュボード以外のページに
 「breadcrumbs(パンくず)」ナビゲーションエイドを表示する。
・PMM-7294: 統合アラート: 多数のアラートルールを表示するためのページ付け。
・PMM-7417: セキュリティ脅威ツール: 利用可能な全てのセキュリティチェックのリストを表示する。
・PMM-7418: セキュリティ脅威ツール: 特定のセキュリティチェックを無効にする機能。
・PMM-7419: DBaaS: DBクラスタの作成/変更ログを表示する機能。
・PMM-7266: DBaaS: クラスタ作成のプログレスバー - DBaaS DBクラスタの作成の進行状況を
 確認できるようになりました。(プログレスバーは、タスクの実行に必要な時間ではなく、
 バックエンドの技術手順の数に基づいています。)

改善点
・PMM-4679: Docker: pmm-serverイメージ、pmm-clientイメージに:latestのタグを付ける -
 pmm-clientとpmm-serverのDockerイメージには、最新リリースで:latestのタグが付けられます。
 これらは実稼働環境では使用しないでください。代わりに、:2タグを使用してください。
・PMM-7472: Prometheusデータソースの削除 - 指定されたデータソースでカスタムダッシュボードを
 使用していた(デフォルトのデータソースを使用するために空を使用していない)場合、
 適切なデータソースを使用するためにダッシュボードを編集する必要がある場合があります。
 PMMはPrometheusを使用しなくなりましたが、VictoriaMetricsのメトリックに互換性のある
 ストレージを使用しています。データソースの名前をテクノロジーに依存しない名前に変更しました。
・PMM-6695: ソフトウェアアップデート: Grafana 7.1.3から7.3.7へ(Grafana7.2の新機能
 およびGrafana7.3の新機能を参照してください。)
・PMM-7471: ソフトウェアアップデート: VictoriaMetrics 1.52.0から1.53.1へ
 (VictoriaMetrics1.53.0およびVictoriaMetrics1.53.1を参照)。
・PMM-6693: APIキーの使用 - PMMユーザーは、ユーザー名とパスワードのペアの代わりに、
 PMMサーバーとの対話に(Grafana UIで生成された)APIキーを使用できるようになりました。
 APIキーには、ユーザー名とパスワードのペアに必要なアクセスレベルと同じアクセスレベル
 (管理者またはビューワ)が必要です。
・PMM-7240: DBaaS: ダッシュボードからGrafanaページへの変更 - DBaaSの有効化/無効化ステータスとの
 整合性を高め、DBaaSが無効化された時の混乱を避けるために、DBaaSページをGrafanaダッシュボードから
 Grafanaページに変更しました。
・PMM-7328: セキュリティ脅威ツール: アクティブ化されるとすぐにチェックをダウンロードして実行し、
 その後24時間ごとに繰り返します(以前は、新しいチェックのダウンロードと実行は24時間ごとに
 行われましたが、そのサイクルはSTTがアクティブ化された時に開始されませんでした)。
・PMM-7329: セキュリティ脅威ツール: STTが無効になっている場合、チェック結果タブを非表示にします。
・PMM-7331: セキュリティ脅威ツール: 失敗したチェックには、役立つコンテンツを含む、続きを読む
 リンクがあります。
・PMM-7422: セキュリティ脅威ツール: アクティブなアラートとサイレンスアラートを全て表示します。
・PMM-7257、PMM-7433: 統合アラート: アラートルールリストのルールの詳細が読みやすくなって
 います(APIとUI表示)。
・PMM-7259: 統合アラート: 無効になっている統合アラートのUIエラーレポートが改善されました。
  (ユーザーがそれを有効にする方法のヒント。)
・PMM-5533: pmm-adminリスト出力の列のインデントが改善されました。
・PMM-5888: 外部サービスのpmm-admin --helpの説明を改善しました。

修正されたバグ
・PMM-5837: =(等号)を含むPMMユーザーパスワードを使用してPostgreSQLインスタンスを
 追加すると、pmm-agentが「不正なDSN」エラーを報告します。
・PMM-5969: pmm-admin ... --forceモードを使用したサービスまたはノードの削除は、エージェントの
 実行を停止しません。VictoriaMetricsは引き続きエクスポーターからデータを収集します。
・PMM-6685: 低画面解像度では、サービスのサブメニューが折り返され、不明瞭になり、
 アクセスできなくなります。
・PMM-7470: MongoDBエクスポーターIndexStatsCollectionsは、間違ったフラグからの値を
 割り当てられます。
・PMM-6681: 全てのPMM管理者ユーザーが診断ログをダウンロードできるわけではなく、
 Grafana管理者権限を持つユーザーのみがダウンロードできます。
・PMM-7227: 数百万のテーブルがあるインスタンスでテーブル統計メトリックが収集されない。
・PMM-7426: vmagentが継続的に再起動し、pmm-agentとpmm-managed間の通信をブロックします -
 複数のユーザーが「プッシュ」モードで同じPMMエージェントで複数のサービスを実行していると、
 ユーザーはサービスを一括追加した後にエージェントを再起動すると、この問題に直面する可能性が
 あります。
・PMM-6636: ダッシュボード: MySQL Replication Summary:
 「Binlog Size」、「Binlog Data Written Hourly」、「Node」は、インスタンスがRDSの場合に
 チャート化されません。
・PMM-7325: ダッシュボード: MySQL User Details:
 ユーザー数が多い(>20)とユーザーラベルが読み取れません。
・PMM-7416: ダッシュボード: PostgreSQL Instance Summary:
 一部のパネル(Tupleなど)は、選択したデータベースを使用していません。
・PMM-7235: 統合アラート: フィルターで除外されたアラートは、UIにFiringとして表示されます。
・PMM-7324: 統合アラート: Pager Duty通知チャネルの追加: ユーザーがコピーされたキーを
 貼り付けた後、[追加]ボタンが有効になっていません。
・PMM-7346: 統合アラート: 負の継続時間でアラートルールを作成することができる。
・PMM-7366: 統合アラート: エンティティ(テンプレート、チャネル、ルールなど)の状態に
 一貫性がありません。
・PMM-7467: 統合アラート: <(未満の記号)が(<として)アラートテンプレートによって
 誤って解釈されました。
・PMM-7591: 統合アラート: ユーザーは、パスワードの更新後、電子メールで通知を受信できません。
・PMM-7343: セキュリティ脅威ツール: STTが再度有効にされた後、チェック結果に
 以前失敗したチェックが表示されます。
・PMM-7250: DBaaS: DBクラスタを削除した後、紛らわしいエラー
「Cannot get PSMDB/PXC cluster」が表示されます。
・PMM-7193: DBaaS: ノード数をfloatに設定できます。
・PMM-7349: DBaaS: ホストとパスワードが接続列に表示されないことがあります。

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.15.0 リリース情報(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-monitoring-and-management/2.x/release-notes/2.15.0.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ