OSSニュース

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.14.0(リリース日:2021年1月28日)

リリースハイライト
●デフォルトでプッシュメトリックに切り替える
 PMM v2.12.0では、Perconaはそのメトリックコレクションエンジン(以前のPrometheus)をVictoriaMetricsに置き換えました。歴史的に、PMMはPrometheusでプル方式を使用しましたが、VictoriaMetricsはプル方式またはプッシュ方式のいずれかで操作できます。PMM v2.12.0がリリースされた時、Perconaはデフォルトの方法をプルのままにしていました。現在、PMM v2.14.0では、Perconaは、新しく追加された全てのインスタンスに対してデフォルトをプッシュに変えています。

 注意:2.14.0以降のPMMサーバーをインストールすると、新しく追加されたサービスについては、2.12.0および2.13.0のクライアントのデフォルトの動作が「プル」方式から「プッシュ」に変更されます。既存のサービスは、アップグレード前のモードのままになります。

●DBaaSプレビューフェーズ 1.0(テクニカルプレビュー)
 2.13.0では、PerconaのDatabase as a Service(DBaaS)を導入しました。これにより、非DBA(ソフトウェアアーキテクト、開発者、サイトリライアビリティエンジニアなど)が一般的なDBAタスクを実行して、ユーザーインターフェイスと自動化オーケストレーションを介して組織のデータベース環境を管理できるようになります。このリリースには、いくつかの機能強化と修正が含まれており、その多くはユーザーのフィードバックから直接得られたものです。

 注意:この機能には機能フラグが付けられており、デフォルトでオフになっています。ユーザーは、この機能を公開するために変数をPMMに渡す必要があります。

●Node Summaryダッシュボードでの外部サービスの表示
 PMMのNode Summaryダッシュボードで外部サービス(Reddis、ElasticSearch、CassandraなどのPerconaでサポートされていないデータベース、または、組織の外部アプリケーションなど、Prometheusエクスポーターで監視できるデータ)を追加および表示するためのユーザーエクスペリエンスの改善。

新機能
・PMM-5765:pmm-clientをインストールできない状況で外部サービスを監視する機能。
 新しいコマンド‘pmm-admin add external-serverless’を使用します。
 (これはテクニカルプレビュー機能です)
・PMM-7015:DBaaSプレビュー:ランダムに生成されたパスワードを使用してDBクラスタを作成します。
・PMM-7007:統合アラート:アラートルールをコピー(複製)する機能
・PMM-7006:統合アラート:アラートルールを削除する機能
・PMM-6941:統合アラート:アラートルールテンプレートを削除する機能

改善点
・PMM-6985:DBaaS:Kubernetesクラスタを強制的に登録解除する機能
・PMM-7145:サービスとノードを追加する場合、「プッシュ」メトリックモードがデフォルトになります
 (サービスとノードからデータを収集する全てのエージェントは、明示的に指定されない場合、
 PUSHモデルを使用するようになりました。必要に応じて、今でも「-metrics-mode」フラグを使用して
 Pullメトリックを使用することができます。以前に設定した全てのエージェントは既存のモードを
 維持します。これらを変更するためには、エージェントを削除して再度追加する必要があります。)
・PMM-7282:統合アラート:チャネルとフィルター無しでルールを作成する機能
・PMM-7226:統合アラート:ルールの作成/更新中にパラメーターを検証します。
・PMM-7082:統合アラート:重大度レベルは色分けされます。
・PMM-7065:統合アラート:アラートルールリストのアイテムのルールの詳細を表示します。
・PMM-7048:DBaaS:Create Cluster(クラスタ作成)ボタンを前の手順に移動することにより、
 クラスタの作成を簡素化します。
・PMM-6993:MySQLに保存されている関数のEXPLAINで発生する可能性のある問題から保護します。
 https://bugs.mysql.com/bug.php?id=67632で取り上げられているクエリの分析を試みることで
 発生する可能性のある問題を修正しています。

修正されたバグ
・PMM-7312:大規模なインストールのダッシュボードでメトリックデータにアクセスする時にエラーが
 発生しました。
・PMM-7310:PMM2.13.0の/tmp/searchResultsで100Gbのディスクを消費するVictoriaMetrics
・PMM-5137:Swaggerページリダイレクトが機能していません。
・PMM-7144:DBaaS:同じ名前のDBクラスタを作成する。
・PMM-7323:DBaaS:「Remove DB Cluster from Kubernetes Cluster」が間違ったクラスタを削除する。
・PMM-7251:統合アラート:セキュリティ脅威ツールと統合アラートの両方が有効になっている場合の
 エラー「Rule with ID “mysql_version” not found」
・PMM-7247:DBaas:Percona XtraDBクラスタのディスクサイズが常に0です。
・PMM-7178:pg_stat_monitorの統合は、プラグインのバージョン0.6.0で機能していない。
・PMM-7169:保持期間が終了しても(Prometheusからの)古いデータが削除されない。
・PMM-7105:クエリ分析:MariaDBの「例」または「説明」データがない。
・PMM-7239:統合アラート:通知チャネルのSlackチャネル名の検証
・PMM-7213:MySQL InnoDB Detailsダッシュボード:「Data Buffer Pool Fit」要素の色分けを削除。
・PMM-7167:長時間の間隔(30日など)を使用すると一部のパネルが表示されない。
・PMM-7133:ダッシュボードのデータリンクの説明が正しくない。
・PMM-7103:VictoriaMetricsビルドログがPMM Server Dockerイメージから削除されない。
・PMM-6904:ジェネリックではないノードタイプで「pmm-admin annotate」コマンドがクラッシュする。
・PMM-6902:pg_stat_monitorを使用したPostgreSQL 12で、クエリの例がない。
・PMM-6838:ProxySQL Instance Summaryダッシュボード:正しくない「Hostgroup Size」の式
・PMM-6490:100を超えるAWS RDSインスタンスが追加されると、rds_exporterがクラッシュする。
・PMM-6096:pmm-agentの接続チェッカーがMongoDBの認証をチェックしない。
・PMM-7303:ディスク詳細、ノード比較ダッシュボード:「Disk Utilization」の説明がわかりにくい。

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.14.0 リリース情報(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-monitoring-and-management/2.x/release-notes/2.14.0.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ