OSSニュース

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.12.0(リリース日:2020年12月1日)

リリースハイライト
・VictoriaMetricsは、Prometheusに置き換わり、現在はデフォルトのデータソースです。
 VictoriaMetricsは、PUSH(クライアントからサーバーへ)とPULLメトリック収集モードの
 両方をサポートします。
・PMMクライアントはDockerイメージとして実行できます。
・「Add Instance」ページとフォームが再設計され、見栄えが大幅に向上しました。

新機能
・PMM-5799: PMMクライアントは、RPM、DEB、.tgzに加えて、Dockerイメージとして利用可能に
 なりました
・PMM-6968: 統合アラート:基本的な通知チャネルアクションAPI Create、Read、Update、Delete
・PMM-6842: VictoriaMetrics: Prometheus DBの監視に使用されていたダッシュボードの代わり
 としてのVictoriaMetricsDBを監視するGrafanaダッシュボード
・PMM-6395: パフォーマンスと追加機能を向上させるために、PMMでPrometheusをVictoriaMetricsに
 置き換える

改善点
・PMM-6744: 多くのテーブル(約1000)を持つMySQLインスタンスでの低解像度メトリックの
 タイムアウトを防止する
・PMM-6504: MySQLレプリケーションの概要: MySQLレプリケーション遅延グラフが意図的に
 設定されたSQL_Delayの値を考慮していないために、表示される時間が増大する
・PMM-6820: pmm-agentのステータスのチェックで設定可能な遅延を可能にするために、
 「pmm-admin status -wait」オプションが追加されました
・PMM-6710: pmm-admin: 外部サービスを追加する時にユーザー指定のカスタム「group」名を
 許可する
・PMM-6825: ユーザーがpmm-agentに「listen address」を指定できるようにし、
 指定しない場合はデフォルトの127.0.0.1になる
・PMM-6793: 「リモートインスタンスの追加」ワークフローのユーザーエクスペリエンスの向上
・PMM-6759: kubernetesスタートアッププローブを有効にして、「GET HTTP」動詞を使用して
 pmm-agentのステータスを取得する
・PMM-6736: 一貫性を高めるために、ReplSetステータスの色がMongoDB ReplSet Summary
 ダッシュボードの色と一致していることを確実にする
・PMM-6730: Node Overview/Summaryのクリーンアップ: 重複するサービスタイプ
 「DB Service Connections」を削除
・PMM-6542: PMMインスタンスの追加: 様々なインスタンスタイプをモニタリングに追加する時の
 より直感的なエクスペリエンスのためにページを再設計
・PMM-6518: VictoriaMetricsにアップグレードした後、確実にグラフが正しく入力されるように、
 デフォルトのデータソース名を「Prometheus」から「Metrics」に更新
・PMM-6428: クエリ分析ダッシュボード - ユーザーが選択したフィルターの選択が、
 上位5つの結果に表示されなくても、常に表示されるようにする
・PMM-5020: PMMリモートインスタンスの追加: ユーザーは、テーブルが多すぎると
 パフォーマンスに悪影響を与える可能性のあるテーブル統計メトリックを無効にするために、
 MySQLとAWS RDS MySQLの「Table Statistics Limit」を指定できる

修正されたバグ
・PMM-6811: MongoDBクラスタ概要: セカンダリのoptimeがプライマリのoptimeよりも新しい場合、
 ラグは誤って136年を示する
・PMM-6650: MySQL 8のカスタムクエリが5.xで失敗する(pmm-agent 2.10への更新時)
・PMM-6751: PXC/Galeraダッシュボード: 5.6.40未満のMySQLバージョンの空のサービス名
・PMM-5823: PMMサーバー: ダウンロードまたはAPIを介してログを同時に生成および
 アクセスする時のタイムアウト
・PMM-4547: MongoDBダッシュボードのレプリケーションラグのカウントが正しくない
・PMM-7057: MySQLインスタンス概要: 監視対象インスタンスが多い(約250以上)時に
 「too long query」エラーが発生する
・PMM-6883: クエリ分析: 「Reset All」フィルターと「Show Selected」フィルターが
 正しく動作しない
・PMM-6686: クエリ分析: Microsoft Edge 44.18362.449.0のフィルターパネルが空白
・PMM-6007: PMMサーバー仮想アプライアンスのIPアドレスがOVFコンソールに表示されない
・PMM-6754: クエリ分析: Filtersパネルのパーセント値の配置が悪い
・PMM-6752: クエリ分析: Filtersパネルのダッシュボードのショートカットを使用すると、
 時間間隔が保持されない
・PMM-6664: クエリ分析: Explainタブに水平スクロールバーがない
・PMM-6632: Node Summary - Virtual Memory Utilizationチャート: 式が正しくない
・PMM-6537: MySQL InnoDB Details - Logging - Group Commit Batch Size: 誤った説明を
 表示する
・PMM-6055: PMM Inventory - サービス: 「Service Type」列は、外部サービスの場合に
 「External」である必要がある時に、空である

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.12.0 リリース情報(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-monitoring-and-management/2.x/release-notes/2.12.0.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ