MySQLニュース

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.0.1(リリース日:2019年10月9日)

改善点
・PMM-4779:安全にダッシュボードをPerconaと共有。
・PMM-4735:ローテーション後に古いスローログファイルを1つ保持。
・PMM-4724:Altキーを押しながら更新チェックボタンをクリックすると、強制更新が有効になる。
・PMM-4444:pmm-updateパッケージの変更ログから抽出された情報を含む「what’s new」の
 URLを返す。

バグ修正
・PMM-4758:ダッシュボードからインベントリ行を削除。
・PMM-4757:データ型変換のために、qan_mysql_perfschema_agentは
 events_statements_summary_by_digestの問い合わせに失敗しました。
・PMM-4755:InnoDB AHI Miss Ratioの式のタイプミスを修正。
・PMM-4749:いくつかのノードまたはサービスが選択された時のダッシュボードからQANへの
 ナビゲーションは、QANでそれらによるフィルタリングを適用するようになりました。
・PMM-4742:PMM 2関連ページに移動するための一般情報リンクが更新されました。
・PMM-4739:リクエストインスタンスリストを削除。
・PMM-4734:MySQL Replication Summaryダッシュボードでのnode_nameを収集する式が
 修正されました。
・PMM-4729:MySQL Instances Overviewの式に修正が加えられました。
・PMM-4726:MongoDB singlestatsのサービスへのリンクにノード名が表示されなかった。
・PMM-4720:machine_idは末尾の\nを含む可能性があった。
・PMM-4640:パスワードに#記号が含まれていると、MongoDBをリモートで追加でき無かった。

Percona Monitoring and Management (PMM) 2.0.1 リリース情報(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/blog/2019/10/09/percona-monitoring-and-management-pmm-2-0-1-is-now-available/

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ