MySQLニュース

Percona Monitoring and Management (PMM) 1.17.0(リリース日:2018年11月20日)

新機能と改善点
・PMM-3272:RDSに関してAmazon命名基準に準拠 - Amazon RDSです。
・PMM-2081:ダッシュボードPrometheus_Exporters_Overviewのツールチップを実装。
・PMM-1363:ダッシュボードMySQL_Amazon_Aurora_Metricsのツールチップを実装。
・PMM-1359:ダッシュボードTrends_Dashboardのツールチップを実装。
・PMM-1357:ダッシュボードMySQL_Replicationのツールチップを実装。
・PMM-1348:ダッシュボードMySQL_MyISAM / Aria_Metricsのツールチップを実装。

バグ修正
・PMM-3257:CVE-2018-19039のGrafanaセキュリティのパッチ。
・PMM-3252:新しいバージョンが存在する場合、1.16の更新ボタンは表示されない。
・PMM-3209:ユーザー名またはパスワードの特殊記号により、リモートインスタンスの追加ができない。
・PMM-2837:Phantom.JSバイナリがないために画像のレンダリングが機能しない。
・PMM-2428:変数Host=Allが適用されないダッシュボードのHost=Allを削除。
・PMM-2294:ノードが短時間なかった場合、縮小されたCluster Size Graph(クラスターサイズグラフ)
 に変更はない。
・PMM-2289:誤った数式に基づくSST Time Graph(SST時間グラフ)。
・PMM-2192:ProxySQLがダウンしたときのProxySQL_Exporterでのメモリリーク。
・PMM-2158:MongoDBの“Query Efficiency - Document”演算が誤って計算されているように見える。
・PMM-1837:System Info(システム情報)が重複したホストを表示する。
・PMM-1805:SST Requiredの前のAvailable Downtime(利用可能なダウンタイム)が正確ではない
 ようです。

Percona Monitoring and Management (PMM) 1.17.0 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-monitoring-and-management/release-notes/1.17.0.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ