OSSニュース

Percona Kubernetes Operator for Percona XtraDB Cluster 1.6.0 GA版(リリース日:2020年10月9日)

新機能
・K8SPXC-394: Percona XtraDB Cluster Operatorの“cluster-wide”モードのサポート
・K8SPXC-416: HAProxyでのプロキシプロトコルのサポート
・K8SPXC-429: 既存のPercona XtraDB Cluster Custom Resourceがない新しいKubernetesベースの
 環境にバックアップを復元する可能性
・K8SPXC-343: Operatorに正式に提供されたヘルムチャート

改善点
・K8SPXC-144: ProxySQL設定オプションの追加を許可
・K8SPXC-398: Custom Resourceが対応するAPIバージョンを示すdeploy/cr.yamlの新しいcrVersionキー
・K8SPXC-474: initコンテナが、対応するPodのメインコンテナと同じリソースリクエストを持つように
 なりました
・K8SPXC-372: Operatorによる新しいバージョンのcert-managerのサポート
・K8SPXC-317: imagePullPolicy Operatorオプションを設定する可能性
・K8SPXC-462: HAProxyの準備プローブを追加
・K8SPXC-411: 追加のドメイン(複数のSAN)を証明書に追加するように、cert-manager設定を拡張
・K8SPXC-375: ライターノードを新しいノードに切り替えて元に戻す場合のHAProxyの動作を改善
・K8SPXC-368: 適切なSecret名の変更によりシステムユーザーを自動更新

既知の問題と制限
OpenShift 3.11では、正しいHAProxy操作のために追加の設定が必要です:
機能ゲートPodShareProcessNamespaceをtrueに設定する必要があります。有効にすることが
できない場合は、OpenShift3.11でHAProxyの代わりにProxySQLを使用することをお勧めします。
他のOpenShiftおよびKubernetesのバージョンは影響を受けません。

バグ修正
・K8SPXC-431: HAProxyがデフォルトのcr.yamlファイルを使用してOpenShiftで開始できない
・K8SPXC-408: ProxySQLモニターユーザーにとってMAX_USER_CONNECTIONS=10は不十分
 (100に増加)
・K8SPXC-391: HAProxyとPMMを同時に有効にすることができない
・K8SPXC-406: 常にドナーとして選択される2番目のノード(XXX-pxc-1)
・K8SPXC-390: HAProxy PodDisruptionBudgetが見つからない場合のクラッシュ
・K8SPXC-355: S3バックアップフォルダ名の直感に反するYYYY-DD-MM日付
・K8SPXC-305: Secretsオブジェクトで%記号が含まれるパスワードの場合、ProxySQLが機能しない
・K8SPXC-278: proxysql-monit Podがクラッシュしたため、クラスタの起動後に一部の環境で
 ProxySQLが準備完了ステータスにならない
・K8SPXC-274: 1.2.0 -> 1.3.0 -> 1.4.0のアップグレードパスが機能しない
・K8SPXC-476: 誤ってフォーマットされたPercona XtraDB Clusterのパッチのバージョンが既知の
 最後のものよりも高い場合、SmartUpdateがバージョンサービスからバージョンをフェッチできない
・K8SPXC-454: クラスタの作成後、Operatorがcert-managerが要求された証明書を発行するのを
 待たないために、pxc-0 Podが再起動する
・K8SPXC-450: 不要なHAProxy Podの再起動を引き起こすTLSアノテーション
・K8SPXC-443 and K8SPXC-456: 古いバージョンのサービスエンドポイントURL(下位互換性を
 維持したまま修正)
・K8SPXC-435: kubectlログから見えるMySQL rootのパスワード
・K8SPXC-426: mysqldリカバリログがファイルに記録されておらず、kubectlログからは利用できない
・K8SPXC-423: ノードが別のアドレスを取得しても、HAProxyがIPアドレスを更新しない
・K8SPXC-419: Percona XtraDB Clusterの増分状態転送は、準備/活性チェックでは考慮されない
・K8SPXC-418: HAProxyが1ドナー、2ジョイナーのトラフィックをルーティングしない
・K8SPXC-417: 不必要に高いバージョンのAPIを要求するため、cert-managerはv1.15より前の
 バージョンのKubernetesと互換性がない
・K8SPXC-384: 無限ループがないため、Operatorの最新バージョンではデバッグイメージが完全に
 機能しなかった
・K8SPXC-383: HAProxyの使用時のPXC PodのDNS警告
・K8SPXC-364: ログに非PXCオブジェクトの空の“from”バージョンを表示するスマートアップデート
・K8SPXC-379: 1.4.0からアップグレードする時に、Operatorのユーザー資格情報が内部秘密に
 追加されない

Percona Kubernetes Operator for Percona XtraDB Cluster 1.6.0 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/kubernetes-operator-for-pxc/ReleaseNotes/Kubernetes-Operator-for-PXC-RN1.6.0.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ