OSSニュース

Percona Kubernetes Operator for Percona XtraDB Cluster 1.5.0 GA版(リリース日:2020年7月21日)

新機能
・K8SPXC-298:MySQLユーザーとProxySQLの自動同期
・K8SPXC-294:HAProxyサポート
・K8SPXC-284:完全に自動化されたマイナーバージョンアップデート(Smart Update)
・K8SPXC-257:クラスタのアップグレード時にWriterメンバーの前にReaderメンバーを更新
・K8SPXC-256:オペレーターによる複数のPXCマイナーバージョンのサポート

改善点
・K8SPXC-290:値のリストを含めるように使用可能なバックアップスケジュール構文を拡張
・K8SPXC-309:Google Kubernetes Engine(GKE)のクイックスタートガイド - リンク
・K8SPXC-288:Amazon Elastic Kubernetes Service(EKS)のクイックスタートガイド - リンク
・K8SPXC-280:XtraBackupの圧縮をサポート
・K8SPXC-279:PXC 8.0のシステムユーザーにSYSTEM_USER権限を使用
・K8SPXC-277:PXCイメージにGDBをインストール
・K8SPXC-276:可能な場合、Pod-0はWriterとして選択されるべきです
・K8SPXC-252:シークレットを介したパスワードローテーション時にMySQLとProxySQLの
 システムユーザーを自動管理
・K8SPXC-242:PXC 8.0との安定性を高めるための内部バックアップの実装を改善
・CLOUD-404:LoadBalancerサービスのloadBalancerSourceRangesのサポート
・CLOUD-556:Kubernetes 1.17がサポートプラットフォームのリストに追加されました

バグ修正
・K8SPXC-327:PXC 8.0ポッドがSSTの途中で再起動した場合のCrashloopBackOff
・K8SPXC-291:“The node was low on resource: ephemeral-storage”エラーによるPXC復元の失敗
・K8SPXC-270:同じ名前空間にある別のクラスタに復元する時に元のバックアップのクラスタから
 データを消去する復元ジョブ
・K8SPXC-352:一部のKubernetes環境でバックアップcronjobがスケジュールされない
・K8SPXC-275:オペレーターの更新に関する古いドキュメント
・K8SPXC-347:バックアップのアップロード後にXtraBackupが失敗し、場合によっては
 バックアッププロセスが再開される
・K8SPXC-373:ポッドが起動時にSST tmpディレクトリをクリーンアップしない
・K8SPXC-326:AllowUnsafeConfigが有効な場合、TLSシークレットの変更がPXCの再起動を
 トリガーしない
・K8SPXC-323:PXCノードのDockerイメージにtarユーティリティがない
・CLOUD-531:apiVersionを処理する時のstrings.TrimLeftの誤った使用
・CLOUD-474:間違ったリソースが設定されてもクラスタの作成は失敗しない

Percona Kubernetes Operator for Percona XtraDB Cluster 1.5.0 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/kubernetes-operator-for-pxc/ReleaseNotes/Kubernetes-Operator-for-PXC-RN1.5.0.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ