OSSニュース

Percona Kubernetes Operator for Percona XtraDB Cluster 1.2.0 GA版(リリース日:2019年9月20日)

新機能と改善点
・Service BrokerがOperatorに実装され、ユーザーはOpenShift Broker APIに従い、標準GUIを使用して
 設定し、OpenShiftプラットフォームにPercona XtraDB Clusterをデプロイできるようになりました。
・現在、OperatorはPercona Monitoring and Management 2をサポートしています。これは、1.xと2.0
 の両方のバージョンのPMMサーバーを検出し登録できることを意味します。
・NodeSelectorの制約がバックアップでサポートされるようになりました。これにより、限られたノード
 のみにアクセスできるバックアップストレージの使用が可能になります。
・メモリ不足エラーの可能性を排除するために、すべてのコンテナのリソース制約値が改善されました。
・オペレーターパラメーターにschedulerNameオプションを設定できるようになりました。これにより、
 カスタムスケジューラーに依存するストレージ、またはスケジューリングを最適化して費用効果の高い
 方法でワークロードを実行するクラウドプロバイダーを使用できます。
・更新後にクラスターの状態が「初期化中」と「準備完了」の間で変動するというバグが修正されました。
・デプロイされたばかりのPercona XtraDB Clusterで発生した90秒の起動遅延がなくなりました。

Percona Kubernetes Operator for Percona XtraDB Cluster 1.2.0 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/kubernetes-operator-for-pxc/ReleaseNotes/Kubernetes-Operator-for-PXC-RN1.2.0.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ