MySQLニュース

Percona Kubernetes Operator for Percona XtraDB Cluster 1.1.0 GA版(リリース日:2019年7月15日)

新機能と改善点
・現在、Percona Kubernetes Operatorは、半自動モードまたは手動モードで、Percona XtraDB Clusterを
 新しいバージョンにアップグレードすることができます。
・また、Percona XtraDB Clusterのmy.cnf設定ファイルを更新するための2つのモードが実装されています。
 自動設定更新モードでは、Percona XtraDB Cluster Podが即座に再作成され、Operator YAMLファイルから
 変更されたオプションを取り込みます。一方で、手動モードでは、変更はPercona XtraDB Cluster Podが
 手動で再作成されるまで保持されます。
・個別のサービスアカウントは、現在、特別な権限を必要とするOperatorのコンテナによって使用されます。
 その他のすべてのPodは、制限された権限を持つデフォルトのサービスアカウントで実行されます。
・現在、ユーザーのSecretは、存在しない場合は自動的に生成されます。この機能は、特に繰り返される
 開発環境テストにおける作業を減らすのに役立ち、事前に定義された開発パスワードを本番環境に誤って
 プッシュする可能性を減らします。
・OperatorはTLS証明書を生成することができるようになり、手動で証明書を生成する必要がなくなりました。
・公式にサポートされているプラットフォームのリストにMinikubeが追加されました。これは、クラウド上に
 Operatorを展開する前にあなた自身のマシンでローカルでOperatorをテストするための簡単な方法を
 提供します。
・また、現在、Google Kubernetes Engine 1.14とOpenShift Platform 4.1に対応しています。

Percona Kubernetes Operator for Percona XtraDB Cluster 1.1.0 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/kubernetes-operator-for-pxc/ReleaseNotes/Kubernetes-Operator-for-PXC-RN1.1.0.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コンサルティングの詳細


ページトップへ