MySQLニュース

Percona XtraDB Cluster 5.7.23-31.31 GA版(リリース日:2018年9月26日)

廃止
次の変数は、このリリースから廃止されました。
 ・wsrep_convert_lock_to_trx
ロックセッションがトランザクションに変換されるべきかどうかを定義するこの変数は、
実際にめったに使用されないため、Percona XtraDB Cluster 5.7.23-31.31で廃止されました。

バグ修正
・PXC-1017:InnoDBへのMemcachedアクセスがGaleraによって複製されませんでした。
・PXC-2164:SSTスクリプトがSELinuxの有効化を妨げました。
・PXC-2155:wsrep_sst_xtrabackup-v2は、クリーンアップ時にすべてのフォルダを削除しませんでした。
・PXC-2160:SST(State Snapshot Transfer)のXtrabackup-v2メソッドでMySQLバージョンが
 正しく検出されないことがありました。
・PXC-2199:存在しないトリガーに対してDROP TRIGGER IF EXISTS文が実行されると、
 クラスタGTIDの代わりにノードGTIDがインクリメントされました。
・PXC-2209:圧縮ディクショナリがPXCで複製されませんでした。
・PXC-2202:切断されたクラスタノードがシャットダウンされないことがありました。
・PXC-2165:wsrep_node_addressまたはwsrep_sst_receive_addressが指定されていない場合、
 SSTが失敗する可能性がありました。
・PXC-2213:NULL / VOID DDLトランザクションが間違った順序でコミットする可能性がありました。

Percona 5.7.23-31.31 リリースノート(Percona社ウェブサイト):
https://www.percona.com/doc/percona-xtradb-cluster/5.7/release-notes/Percona-XtraDB-Cluster-5.7.23-31.31.html

Perconaサポート・コンサルティング

PerconaPerconaサポート・コンサルティングサービスはPerconaServerをご利用頂いているお客様が安心

してお使い頂くために専門的なサポートを提供するサービスです。

Perconaサポート・コ

ンサルティングの詳細


ページトップへ