MySQLニュース

MySQL NDB Cluster 7.5.15 GA版(リリース日:2019年7月23日)

主な変更点

■ 追加・変更された機能

・CMake3を使ったビルドは、現在、NDBソースディストリビューションに含まれている
 compile-clusterスクリプトによってサポートされています。

■ バグ修正

・重要な変更点:内部テスト専用のNDBTライブラリに対するndb_restoreの依存関係が
 削除されました。これは、プログラムが終了時にNDBT_ProgramExit: ...を
 出力しなくなったことを意味します。この動作に依存するアプリケーションは、
 本リリースにアップグレードする時にこの変更に対応するように更新する必要が
 あります。

・NDBレプリケーション:NDBはBLOB型の仮想生成カラムのバイナリロギングを正しく
 処理しませんでした。現在は、このようなカラムは常に長さゼロと見なされます。

・LQHKEYREQ信号のロング形式とショート形式のrequestInfoフィールドの定義が異なりました。
 キーの長さは信号の長いバージョンのセクションの長さに暗黙のうちに含まれていますが、
 長いLQHKEYREQ信号がこれらの同じビットにキーの長さを含むことは可能だったため、
 短いバージョンのキーの長さに使用されたビットは、長いバージョンのフラグに再利用
 されました。これは、受信側のローカルクエリハンドラによって誤って解釈され、潜在的に
 エラーにつながる可能性がありました。現在、これがもう発生しないことを確認するために、
 チェックが実装されました。(Bug#29820838)

・長いTCKEYREQ信号は、TCINDXREQ処理から呼び出された時に、必ずしも期待されるフォーマットを
 使用しませんでした。(Bug#29772731)

・FIXEDカラムの最大オフセットを超えた時に表示されるエラーメッセージを改善しました。
 (Bug#29714670)

・リソース制約のある環境では、データノードが特定の状況下でDBTCブロックのアサートによって
 機能しなくなる可能性がありました。(Bug#29528188)

・TINYBLOBカラムを復元する時、ndb_restoreはそれらをBINARYキャラクターセットを持つものとして
 扱うようになりました。(Bug#29486538)

・ndb_restoreによるエポックの復元は一時的なREDOエラーにより失敗しました。
 現在、ndb_restoreはこのようなエラーが発生した時にエポック更新を再試行します。
 (Bug#29466089)

・ndb_restore --restore-epochは、停止GCPを実際の位置より1少ないと誤って報告しました。
 (Bug#29343655)

・以下の型の間の変換について、ndb_restoreで欠けていたサポートを追加しました。

  * BLOBカラムとBINARYまたはVARBINARYカラム
  * TEXTカラムとBLOBカラム
  * 長さが異なるBLOBカラム
  * 長さが異なるBINARYカラムとVARBINARYカラム

 (Bug #28074988)

・SNAPSHOTSTARTオプションを使用して作成されたバックアップの復元ポイントが、
 必ずしもエポック境界と一致していませんでした。(Bug#27566346)

 参照:Bug #27497461。

MySQL NDB Cluster 7.5.15リリースノート(MySQLウェブサイト): https://dev.mysql.com/doc/relnotes/mysql-cluster/7.5/en/news-7-5-15.html

MySQL Editions

MySQL EditionsMySQLのサブスクリプションは、24時間365日体制でお客様をサポートいたします。さらに MySQL Enterprise Edition では、データベース管理者支援ツール MySQL Enterprise Monitor やバックアップツール MySQL Enterprise Backup をご利用いただけます。

MySQL Editionsの詳細


MySQLや関連ソリューションに関するお問い合わせ、お見積などがございましたら、ご連絡ください。

お問い合わせ各MySQL保守サービス見積依頼スマートスタイルOSSストア

ページトップへ