OSSニュース

MariaDB MaxScale 2.5.9 GA版(リリース日:2021年3月10日)

バグ修正
・MXS-3428: max_slave_replication_lagのリグレッション
・MXS-3426: Azure CloudのSSLを使用したMaxScaleが正しく機能しない
・MXS-3419: トークン認証は承認を実行しない
・MXS-3416: causal_reads=globalは予期しないOKパケットを返す
・MXS-3409: xpandmonを使用したxpandへの直接接続について、さらに多くのGRANTを文書化する
 必要がある
・MXS-3404: 関数を使用したスレーブでのmaxscale書き込み
・MXS-3392: プリペアドステートメントが失敗した場合のリセット実装

MariaDB MaxScale 2.5.9のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-maxscale-25-mariadb-maxscale-259-release-notes-2021-03-10/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ