MySQLニュース

MariaDB MaxScale 2.4.5 GA版(リリース日:2019年12月21日)

新機能
・MXS-2785:binlogfilterでデータベースの名前変更を許可

バグ修正
・MXS-2813:maxctlがクリアテキストでパスワードを表示する。
・MXS-2809:v2.4の設定にv2.3のドキュメントへのリンクがまだ含まれている。
・MXS-2803:Readconnrouteと永続的な接続でのハング。
・MXS-2802:COM_RESET_CONNECTIONが書き込みとして扱われる。
・MXS-2794:ユーザーのリロードが記録されない。
・MXS-2788:マスキングフィルターは、関数呼び出しとWHERE句で引用符で囲まれていない
 大文字小文字を区別しない識別子に対して大文字小文字を区別するチェックを実行する。
・MXS-2782:間違ったスレッドIDにより、MaxScaleがクラッシュする。
・MXS-2776:ColumnStoreへの書き込み時にコミットをスキップするBinlogフィルター
・MXS-2775:クラッシュしたマスターが準同期レプリケーションでauto_rejoinを中断する
 可能性があることを文書化。
・MXS-2498:MaxScaleがTEMPORARY TABLEの読み取りをMASTERにルーティングしない。

MariaDB MaxScale 2.4.5のリリースノート(MariaDB社ウェブサイト):
https://mariadb.com/kb/en/mariadb-maxscale-24-mariadb-maxscale-245-release-notes-2019-12-21/

MariaDBプロダクト・サポート・サービス

MariaDBMariaDBプロダクト・サポート・サービスは、MariaDBおよびその関連製品をご利用されているお客様へ、必要なソフトウェアや専門的なサポートなどを提供するサービスです。

MariaDBプロダクト・サポート・サービスの詳細


ページトップへ